FC2ブログ

Entries

ニコレット・ラーソン『お月様とわたし』── 静かな時間のための静かな歌

 
 
Sleep, Baby, Sleep - Quiet Songs for Quiet Times:Nicolette Larson(1992)
 

1997年12月16日、クリスマスを目前にニコレット・ラーソンは逝った。愛娘エルジー・ メイを残して。ニコレット・ラーソンの遺作となった『Sleep, Baby, Sleep - Quiet Songs for Quiet Times』を聴きながら、窓の外を見やり、雨粒を数え、散りゆく桜の花びらを数える。散る桜。残る桜も散る桜。咲く花もあり。盛る花もあり。散る花もあり。

『Sleep, Baby, Sleep』は心のこもったいい作品だ。全体としては子守唄集の体裁をとっていて、名曲ぞろいである。中でも、童話作家のビル・ハーリー作『Moon and Me』などは眼をとじて聴いていると母親がすぐそばでささやくように子守唄を歌ってくれている気分になる。大手をふってマザーコンプレクスを表明している者はもちろん、世のすべての「こどもたち」に聴いていただきたいものだ。
(「マザコン、マザコン」と大安売りのようにぶっこいているおっちょこちょいどもに言いたいが、おまえたちは一体全体どこから生まれてきたんだ?)

『Sleep, Baby, Sleep』はわが子への愛が実にさりげなく歌われている。自然体で無理をせず、まるで春の昼下がりに降る雨のようにわが子に愛情をそそぐニコレットの姿が眼に浮かぶ。
『Sleep, Baby, Sleep』の楽曲提供者にはニール・ヤング、デヴィッド・クロスビー、グラハム・ナッシュらCSN&Y一味。当然、CSN&Yのテイストが随所にちりばめられている。バック・コーラスにリンダ・ロンシュタットの名がある。

愛情は降る星のごとくある必要などこれっぽっちもない。さりげなく、ひっそりとでいい。大袈裟御大層な「愛の言葉」もいらない。ましてや、愛に押しつけがましさなど御法度だ。「愛してる。」「好きだ。」の言葉を百万言費やし、書き連ねるよりも、万感を込めたたったひと言、一小節の歌にこそ価値がある。

おやすみ。ベイビー、おやすみ。── なんと心のこもった愛の表現であることか。


"Moon and Me" Nicolette Larson (from "Sleep, Baby, Sleep" 1992)


Moon and Me Lyrics by Bill Harley
Everybody else has closed their eyes,
It's quiet as can be.
Everyone will sleep until sunrise,
Everyone but moon and me.

I can see her shining in the sky,
Through branches of the willow tree.
Me here in my bed and her so high,
Just us two, the moon and me.

Moon and me, Moon and me
No one but the moon and me.
I can feel her shining, shining down on me
Just us two ,the moon and me.

If I had a wish I might try,
I know what it would be
One night I'd have wings
And then we'd fly,
Together just the moon and me.

Moon and me, Moon and me
No one but the moon and me.
I can feel her shining
Shining down on me
Just us two, the moon and me.

Floating high, above in the sky
Just a ship in a starry sea
While all the world is fast asleep
We would sail, the moon and me.

But I'm only down here in my bed
Not floating on a starry sea,
Still I have the pictures in my head
Dreaming 'bout the moon and me.

Moon and me, Moon and me
No one but the moon and me.
I can feel her shining,
Shining down on me.
Just us two the moon and me,
Just us two the moon and me.



Sleep, Baby, Sleep - Quiet Songs for Quiet Times/Nicolette Larson (1992)
Children's, Country, Pop/Rock, Country-Pop, Country-Rock, Soft Rock, Urban Cowboy, Contemporary Pop

Tracking List
01. Welcome to the World (Nicolette Larson) 3:15
02. Oh Bear (Elsie May Larson-Kunkel/Nicolette Larson) 1:57
03. Starlight, Starbright (Nicolette Larson) 3:34
04. Irish Lullaby (Irish Traditional) 3:18
05. Barefoot Floors (Neil Young) 4:38
06. Appalachian Lullaby (Tanya Goodman/Mike Sykes) 3:21
07. I Bid You Goodnight (Andrew Gold/Nicolette Larson/Traditional) 3:16
08. Moon and Me (Bill Harley) 3:32
09. Rock-A-Bye (Tanya Goodman/Mike Sykes) 3:15
10. Rocking My Baby to Sleep (Nicolette Larson) 2:32
11. The Moment I Saw You (Graham Nash/Traditional) 3:01

Credits
Nicolette Larson - Arranger, Composer, Primary Artist, Producer, Vocals, Vocals (Background)
David Crosby - Guest Artist, Vocal Harmony, Vocals (Background)
Graham Nash - Composer, Duet, Guest Artist, Performer, Primary Artist, Vocals
Linda Ronstadt - Guest Artist, Vocal Harmony, Vocals (Background)
Neil Young - Composer
Bill Harley - Composer
Elsie May Larson-Kunkel - Composer
Andrew Gold - Arranger, Composer, Multi Instruments, Producer, Vocal Harmony, Vocals (Background)
Tanya Goodman - Composer
Mike Sykes - Composer
Traditional - Composer
Steve Hall - Mastering
Victoria Pearson - Photography
Stephen Walker - Art Direction
Sony Music Distribution - Distributor




     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/772-e8dbf136

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    778位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    121位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。