FC2ブログ

Entries

オーロックスの夜#1

 
 
OROX800PX20131126.jpg
 
 
 遠い遠い大昔。私は人間の一生で一番美しいはずの二十歳を目前にしてずいぶんと生き急いでいた。生き急いでいると実に色々なものが見えてくる。普段は見えないものまで見える。
 歯並びの悪いほうの村上春樹が、実は小室直樹の中学時代の隠し子で、二人そろって歯列矯正の一環としてイルザ・ランドをストーキングしていたり、東京タワーと横浜マリンタワーがすごく仲が悪くて、大黒埠頭でオーディエンスに気づかれないように夜ごと脛を蹴飛ばしあっていたり、スパム・メールの黒幕はライオン・エステート不動産のまわし者で、ジョン・ベルーシの復権のためにドクター・ペッパーを1日に12本一気飲みしていたり、生きた化石のゴンベッサがところかまわず泳ぎまわっていたり、北京原人やらネアンデルタール人やらアウストラロピテクス・アナメンシスやらムンゴマンやらアイスマンやらが徘徊していたり、ケナガマンモスとコロンビアマンモスが牙を突き合わせ、それをインペリアルマンモスが高見の見物を決め込みながらムカシマンモスの尻を撫でているのまで見えた。オーロックスのヘック・キャトルと出会ったのはそんな夜だった。


OROX800PX201311261.jpg


 ヘック・キャトルの口ぐせは「こんちくしょうめ!」だ。ヘックはなにかというと「こんちくしょうめ!」と怒鳴る。
 ヘック・キャトルの怒鳴り声の威力、破壊力は凄まじいもので、近くでトナカイの夫婦を製造販売していたリサ・ラーソンが心臓麻痺を起こしかけた。そのときはWWF(世界自然保護基金)から焼鳥類似学者のマックス・ジャック・ニコルソン、WWFにロゴ・ロコモコ・ロコモーションを提案した怪鳥類学者のピーター・フォーク&ナイフ・スコット、虚業家のビクター・ニッパー・ストーローハット、アマチュア無線学者のガイ・アノニマス・フォークス・ガイア・ヤクショ・モンターニュフォート、オランジナ柑橘系日配ベルンハルト公らを原告としてアフリカの小国の国家予算なみの損害賠償請求訴訟を提起された(裁判は私の超絶弁論によって実質勝訴ともいいうる「即決和解」に持ち込んで事なきをえた)。また、イーストリバーを航行する20万トン級の貨物船を怒鳴りつけて沈没させたこともあるし、ミライカデナとミライイワクニとミライヘノコから飛来したV-22墜落型オスプレイを「こんちくしょうめ!」のひと言で操縦不能状態にしたことだってある。それも一度や二度ではない。三度だ。
 ヘックは「こんちくしょうめ!」のあと1時間ほどしゃっくりが止まらなくなる。しゃっくりは「ヒック」のときもあれば、当然、「ヘック」のときもある。ヘックしゃっくりのときは自分でしゃっくりをしたくせに「だれだ! 気安く俺様の名前を呼ぶやつは!」と怒りだす始末だ。

「ヘック!」「だれだ! 気安く俺様の名前を呼ぶやつは!」
「おまえだよ」(私)
「ヘック!」「だれだ! 気安く俺様の名前を呼ぶやつは!」
「おまえだよ」(私)
「ヘック!」「だれだ! 気安く俺様の名前を呼ぶやつは!」
「おまえだよ」(私)

 こんなようなことが1時間もつづく私の身にもなっていただきたいものだ。ただし、悪いことばかりではない。「ヨックしゃっくり」と「モックしゃっくり」がいい塩梅で出たときはそこそこおいしい思いができる。トーキョー・シティのミナミアオヤマからヨックモック製品の詰め合わせがFedEXのカーゴ満載で届くのだ。そのときはハドソンリバー・パークとイーストリバー・パークとイーストリバー・ステート・パークのホームレスたち全員を集めて騒々しいにもほどがあるお茶の会が始まる。お茶の会の最後には体が大きくて力の強そうなホームレスが選抜され、失われたアークの上にヘック・キャトルを乗せてワシントン大行進する。マーティン・ルーサー・キング・ジュニアもおっとり刀で駆けつける。宇宙を支配する巨大な意志の力からはお祝いがわりに『新・十戒』と『獣戒』が授けられもする。

 問題は行進の途中でイーストリバーが真っぷたつに裂けてしまうことだ。まあ、向こう岸に渡るのに便利といえば便利ではあるのだが。翌日のニューヨーク・タイムズの一面はその記事で埋まる。
 自分たちのせいでホワイト・ハウスで国家安全保障会議が招集されるのはあまり気分のいいものではない。当時の大統領はボンクラ・ジミー・カーターだったからいいようなものの、もしあのときのアメリカ合衆国大統領がジョージ・ウォーカー・モンチッチー・ブッシュだったらまちがいなく巡航ミサイルを100発くらい撃ち込まれていたと思う。それを思うと私はつくづくついていたのだなと胸を撫で下ろす。
 猿に毛の生えたような男に殺されるのなんて冗談じゃない。真っ平御免だ。アメリカシロヒトリとミツユビナマケモノをサラダボウル一杯食わされるほうがまだましというものである。


OROX800PX201311262.jpg





     
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/738-c3c60a4f

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    778位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    121位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。