FC2ブログ

Entries

千のメルドー#7 ひとはそれぞれの悲劇を生き、それぞれの死を死ぬ。

 

TOKUZAWA800PX.jpg
 

 アメリカ合衆国ニューヨーク市在住の恥知らず能天気な小便臭い日本人小娘があるブログにおいて鼻持ちならない雑文を書き散らしている。普段なら鼻じらみ虫酸走りのテクストとあさましい見識、見るに耐えぬ生ゴミぶりから、ちら見黙殺、歯牙にもかけぬ有象無象のたぐいとして永遠にさようならの対象であるが、たまたま目にとまったブログのタイトルがいけなかった。曰く、「恩師・欽ちゃんも号泣! 風見しんご長女えみるちゃん告別式」「本当に悲しい出来事ですね。先日もモ娘の吉澤さんの弟さんが亡くなった事故もありました」
 下衆外道の萩本の欽公が恩師だあ!?「本当に悲しい出来事」だと!? いきなり虫酸が走った。1行読むごとに虫酸はいやましてゆく。こうなってはもうとまらない。徹底的に、完膚なきまでに踏みつぶしたくなってくる。もちろん、吾輩のテクストをその小娘が読むはずはないし、読んだとしても、とうてい読解できるとは思わないので、なにを書こうが吾輩次第、自由勝手、放埒のし放題である。

 恥知らず能天気小娘の決定的な誤謬はそれぞれの「死」、それぞれの「悲劇」をみずからに銃口を向けることをせず、ましてや思想的に吟味することもなく、同一化、一般化してしまったところにある。
 ひとはそれぞれの「悲劇」を生き、それぞれの「死」とまみえ、死ぬことを、恥知らず能天気小娘はまったく理解せず、理解しようともしないことが、この段階で露呈している。
 恥知らず能天気小娘の過去のテクストを読めば、おなじ誤謬を犯しつづけてきているのがすぐにわかるが、そのような彼女がテクストを記述するという行為に及ぶにいたったメンタリティを解き明かしたいという助平根性がわくが、それはまた別の機会にゆずることとする。

 さて、「死」は「悲しい」などという手垢にまみれたステレオタイプでくくれるほど甘くも、お手軽でも、生やさしくもない。だが、恥知らず能天気小娘はそのことを死んでも理解できまい。有り体にいうならば、「青っ洟垂らした小娘はすっこんでろよ」ということである。さらにいうなら、「能書き/効能書き」は、まともな日本国語を読み書き話せるようになってから、「てにをは」ならびに句読点を使えるようになってからにしな、お嬢ちゃん、ということだ。
 レフ・(ユマニスム)・トルストイは『戦争と平和』か『アンナ・カレーニナ』かの中で、「貧しき者はそれぞれに不幸であり、富める者は一様に幸福である」と書いたが、これに加えるべきは、「愚か者はそれぞれに愚かであり、鈍い者は日曜ごとに鈍くなる」である。恥知らず能天気小娘の珍妙奇天烈な風体から察するに、生まれてこのかた、他者の「死」、他者の「悲劇」を共有共感するような経験はなかっただろう。そのような者が「死」を、「悲劇」を語ることの不毛を、おセレブさん気取りの恥知らず能天気小娘は気づかなければなるまい。手はじめに、目にもあざやかおみごとなお茶髪を黒髪に戻すことからはじめるがよかろう。さらには河岸をニューヨークからヨハネスブルグにかえ、鼻持ちならないことこのうえもないおセレブ・ランチにとっとと別れを告げ、1食80円也の鼻曲がり猫またぎヨハネスブルグ・ランチを3分で完食することを鼻腔を大きくしてすすめたい。これみよがしのニューヨーク・ライフを満喫するおセレブさん気取りの恥知らず能天気小娘の名は徳澤直子。先頃、亭主の婚外性交を主たる要因として離婚したようだが、おまえさんは生娘か? 過去に複数多数の男どもと御懇ろにおよんだ経験を持つのではなかったか?




     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/688-b0fcbe93

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    778位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    121位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。