FC2ブログ

Entries

1億1000万本の指#1

 

FINGER_POPPIN-HORACE_SILVER800PX.jpg
 

 わが内なるスリー・フィンガー・システムが遭遇した彼女の実存の最先端【1/3】


 吾輩の三本指。これがすんごいのである。やることなすこと、すんごいのである。吾輩の三本指がすんごくなったのは5歳。パリ16区の市民病院待合室の午後の曳航時分である。それはそれは、ニガい時間帯だった。ニガいのが当然なのは経験者であるならばわかる。とにかく、ニガい。しかも、ニオう。ニガくてニオう。ニガブロ・ニザンの3日目のニガー風呂のようにニオう。そのような世界がかつてか、どこでもか、あったということだ。(ニガさの源が「胆汁」であることを知るのはずっとあとのことである。)


Finger_Painting-Earl_Klugh800PX42.jpg


 診察を待つ母親と吾輩の前を見目麗しきナイチンゲール・ガールが通りすぎようとした。吾輩は落ちつきはらって彼女を呼びとめた。

「きみきみ。なにか落ちたようだよ。」

 件の見目麗しきナイチンゲール・ガールは感謝を表明するいとまもあらばこそ、振返り、しゃがみ込んだのである。巨大な丸い尻が神の恩寵とも言いうる神々しさで吾輩の眼前、20cmのあたりに突き出された。そのとき、吾輩はどうしたか? 右手の三本指、すなわち、親指、人差し指、中指をほどよく束ね、三本の指先を擦り合わせるや、いっきにナイチンゲール・ガールの肛門めがけて突き立てたのだ。
 悲鳴。深く鋭く確実な悲鳴。当然である。のちに判明したことだが、ナイチンゲール・ガールは尻処女だったのだ。悲鳴は当然である。彼女を責めるのは玉門ちがい、お門ちがいもいいところである。悪いのはすべて吾輩の三本指、スリー・フィンガー・システムなのだ。だが、敵もさるもの、パリジェンヌ。悲鳴のあとのナイチンゲール・ガールの逆襲は、わが生涯においてドレッドノート級スットコドッコイ事態を招くこととなるのであった。


FINGER_FIVE800PX.jpg


 Finger Poppin' - Horace Silver
 Finger Painting - Earl Klugh
 フィンガー5 - 学園天国/個人授業/恋の研究ほか






     
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/673-7b9be854

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    778位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    121位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。