FC2ブログ

Entries

テプコ・アトミック・ワンダーランドの愉快な仲間たち#3 ミミッチー

 

Mimichy640PX.jpg
 

アトミック・ヴィレッジのボスキャラの一人。巷間、原発推進の「御用学者」と言われているが、それは正確ではない。「御用商人」が正しい。実際、ミミッチーの商人ぶりは徹底している。ゼニになるとみれば友も売る。正体不明の団体だって作る。毎時100ミリ・シーベルトの放射線量を安全安心だと言い張る。テプコ・アトミック・ワンダーランドの旗色が悪いとみるや、次はチェプコ・アトミック・ワンダーランドに鞍替えする。フクシマ原発事故後の「ハマオカは絶対に安全だ。事故が起こってもだいじょうぶだ。全電源喪失しても冷却系は動く。フクシマのようなことにはならない。心配ない。(とにかく、ガネ! ガネがほしいんだ、ガネが! 76歳。)」という発言はチェプコ・アトミック・ワンダーランドの社長、ミズノ・アキヒサを大いに喜ばせ、勇気づけ、停止中のハマオカ原発再稼動を決意させた。

1986年のチェルノブイリ原発事故以降、メディアに急激に露出。中でもテレチョーの「朝まで生テレビ・ジャマイカ」出演時のしたたかさ、嘘くささ、トンデモぶりはいまや伝説となっている。原発利権の代弁者として一世を風靡したカノウ・トーキーオー(元テプコ・アトミック・ワンダーランド副社長。元サンイン議員。現テプコ・アトミック・ワンダーランド顧問。現在、雲隠れ中)とは刎頸の友。また、ミミッチーのしゃべくりは「ミミッチー・コメディ・ショー」と評され、茶の間、講演先を問わずにヒンシュクの嵐を巻き起こす。一見の価値ありだ。
ミミッチーの名言「原発は30年どころか、60年、100年だって大丈夫だ。(原発は永久に不滅だ。巨人だ、大鵬だ、卵焼だ。)」

本名はイシカワ・ミチオ。昭和9年サヌキ・ウドンの里に生まれる。トーキョー帝国主義大学工学部卒業後、ニッポン原子力研究所入所。安全解析部長。動力試験炉部長。トーカイ研究所副所長などを経て、平成17年にニッポン原子力技術協会を設立。20年まで同協会理事長。現在、同協会最高顧問。




     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/669-dd3c09fa

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    688位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    103位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。