FC2ブログ

Entries

コード: 酩酊あるいは酔っぱらい/ジョー・パス『Sounds of Synanon』『For Django』『Virtuoso』

 

For_Django800PX20130808.jpg
 

 シナノンの魔の山/ミル・プラトーから帰還した鬼才は星に願いを託し、CODE: CAGED(コード: 酩酊/酔っぱらい)を武器に、ついにヴァーチュオーゾとなった。E-M-M


 ジョー・パスの圧倒的な超絶技巧と流麗なコードワーク、そして、ナイーブでセンシティブな音色は十代後半から二十代前半にかけての日々の象徴のひとつだった。高中正義の全盛期、『Ready to Fly』やら『Blue Lagoon』やら『Early Bird』やらをウォークマンで音漏れもおかまいなしに聴き、「タカナカタカナカ」と蝉の鳴き声だか早口言葉だかのようにかまびすしい友人たちにジョー・パスの『For Django』のジャケットをこれみよがしに示して、「タカナカはジョー・パスが9歳のときよりヘタクソで、創造性、クリエイティビティはジョー・パスの百万分の一もないポンコツヘッポコスカタンだ」と言い放って、大いに顰蹙を買った。今となっては笑い話だが、当時はFusionを「フージョン」と呼んで小馬鹿にするほどフュージョン系の音楽が巷に溢れていた。「時代の気分」のようなものがすべからく上っ調子で薄っぺらで逆上せあがっていたように思える。そのような時代のただ中でジョー・パスを聴くことは、お祭り騒ぎ前夜を生きている人々から「異端」の謗りを受けることを免れえなかった。異端けっこう。異端は初物のコタンのピリカ・カールのカース・マルツ味のようにおいしく悩ましく馨しい。初物に懲りて生出しする中田氏には御用心だが。


Sounds_of_Synanon-Joe_Pass800PX20130808.jpg


 吾輩はイーグルスの『ホテル・カリフォルニア』の登場によってウェストコースト的なるものと訣別し、いよいよジャズ・ミュージックと古典楽曲にのめりこんでいった。このころはdisk unionのセカンドハンズで月に100枚ほども中古のLPレコードを買っていた。BLUE NOTE, RIVER SIDE, PRESTIGEをはじめとして、ECMとCONCORDとPABLOとPACIFIC JAZZの音源を完全収集することが目標だった。ジョー・パスの音源のほとんどはこの時期に集中的に手に入れた。
 長いあいだ薬物中毒に苦しみ、その類まれな才能とキャリアを棒に振りかけていたが、シナノンという薬物更生施設=魔の山/ミル・プラトーに収容されたことをきっかけとして薬物と手を切り、音楽表現者としての渾身の活動に打ち込むジョー・パスの姿に強く魅かれた。ジョー・パスの姿、生きざまにはジャン・クリストフやデイヴィッド・コパフィールドが数多くの苦難困難艱難辛苦に次々と遭遇しながら成長していく物語に通ずるものを感じた。初期作品のジョー・パスから、功成り名を遂げて、押しも押されもせぬヴィルトゥオーソとして君臨する『Virtuoso』シリーズを年代に沿って聴いていく作業は人間の可能性の限界に挑む神聖な大長編の物語、一大叙事詩を繙いているように感じられた。
 魔の山/ミル・プラトーから帰還し、65年の生涯を閉じるまで、ギター一筋に生き、ギターという楽器の可能性、限界を追究しつづけたジョー・パスは、死して20年にもなろうとする今でも、吾輩の魂に強く静かに楔を打ち込みつづけている。


 Joe Pass - Summertime (1992)


Virtuoso3800PX42.jpg Virtuoso2800PX.jpg





     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/593-d3ff6ac0

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    778位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    121位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。