FC2ブログ

Entries

『日曜日のうた』の封印を解いて。リッチー・バイラーク『Sunday Song』

 

REMBRANDT_RAYS800PX20130804.jpg


だれもが迷いながら傷つきながら、細く暗く不安な一本道をずっと歩きつづけている。ときどき陽が射せばいい。ときどき。ほんの少しだけ。雨上がりの日曜の朝のように。E-M-M


封印を解いたのは梅雨のさなかの雨上がりの日曜の朝だった。リッチー・バイラークの『Sunday Song』の封印を解いたのは。35年ぶりだった。以来、日曜日は1日中、ずっと聴いている。『Sunday Song』はしみる。とてもしみる。

『Sunday Song』が収録されている『Hubris』を手に入れたのは、キース・ジャレットをはじめとするECMレーベルの音源をすべて集めようとしているさなかだった。生まれて間もない嬰児をかき抱くように『Hubris』を抱いて帰った。部屋に着くなり、アンプリファイアーに灯をいれ、DENON DL-103の針先をメンテナンスし、厳粛な儀式に臨むような気分で『Hubris』の汚れのない盤面に針を落とした。

1曲目、『Sunday Song』。かすかなスクラッチ・ノイズのあとに、透明で悲しみさえたたえたピアノの音が聴こえはじめた。一ヶ所、なんの前触れもなく転調するところでは心が軋み、揺れた。ミニマルとも思えるような主旋律が繰り返される。そのメロディは心の奥深くまで染みこんでくる。染みこみ、静かに、とても静かに揺らす。揺さぶる。揺りかごの中で揺れているようにも思える。母親の白く細い腕と手さえみえるようだ。なぜか涙があふれた。涙は次から次へ、はらはらといくらでも出た。

『Sunday Song』。5分24秒の悲しみ。3度目の5分24秒の悲しみが終わろうとするときに電話が鳴った。

「OとTが死んだ。コンテナに突っ込んだ。即死だ。本牧で。本牧埠頭で」

電話の主はうめくように言った。必死に涙をこらえているのがわかった。1978年6月16日金曜日の夕方、雨上がりだった。雨は前の週から1週間も降りつづいていた。

電話をきり、再び、『Sunday Song』5分24秒の悲しみに針を落とした。そして、繰り返し聴いた。『Sunday Song』が葬送の曲とも祈りとも聴こえた。早すぎ、惨すぎる死を迎えた二人の友の底抜けの笑顔が浮かんでは消えた。

「いきなり転調しやがって。”革命的な死” ”英雄の死”ってのはこのことかよ。へたくそなポロネーズだ。愚か者めが」

鏡を覗くと、無理して笑った顔がひきつり、ひどく歪んでいた。何度目の『Sunday Song』のときだったか。部屋の中が急に光に満たされた。あたたかくやさしくやわらかな光だった。幾筋もの光の束がまわりで舞っていた。純白の睡蓮の花弁からこぼれでるおぼろげな光。その光の束はジヴェルニーからやってきた淡く儚くおぼろな光でもあったか。

やがて光の束は窓を抜け、晴れ上がった世界のただ中へ帰っていった。それは死んだ友の葬列ともみえた。そして、『Sunday Song』を、『Hubris』を封印した。二人の友の思い出とともに。

35年が経ち、封印を解いた。彼らについて語るときがきたと思ったからだ。たとえそれが他者にはどうでもいいようなことであっても、私にはかけがえのない時間、世界、言葉を孕んでいるのだから。彼らを思い、彼らの笑顔を思い、彼らの言葉を思って語りはじめよう。そして、雨上がりの日曜には『Sunday Song』を繰り返し聴くことにしよう。雨上がりの日曜の世界が光匂い満ちてあるように。

だれもが迷いながら傷つきながら、細く暗く不安な一本道をずっと歩きつづけている。ときどき陽が射せばいい。ときどき。ほんの少しだけ。雨上がりの日曜の朝のように。世界は思っているほど醜くはない。世界には思っているよりずっと美しい瞬間がある。


Hubris-Richard_Beirach1000PX.jpg


Richard Beirach - Hubris (1978)

Released: 1978
Recorded :Recorded at Tonstudio Bauer in Ludwigsburg, West Germany in June 1977
Genre :Jazz, Piano Solo
Length :38:55
Label :ECM
Producer :Manfred Eicher

Track listing
*All compositions by Richard Beirach
1. "Sunday Song" - 5:24
2. "Leaving" - 5:16
3. "Koan" - 1:11
4. "Osiris" - 3:34
5. "Future Memory" - 4:49
6. "Hubris" - 5:59
7. "Rectilinear" - 2:13
8. "The Pearl" - 5:23
9. "Invisible Corridor / Sunday Song - Monday" - 5:16

Personnel
Richard Beirach - piano


Sunday Song - Richie Beirach




     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/585-6d09ab00

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    832位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    137位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。