FC2ブログ

Entries

真言の音楽#24 シャーデー・アデュはシャーデーではない。シャーデーは何者でもない。

 

Diamond_Life-SADE800PX.jpg
 

Sadeの存在の揺らぎのような音楽を聴いたのはJ-WAVEだったかFM横浜だったか。それとも横浜元町入口トイメンのTOWER RECORDSの黄色い螺旋階段の42段目だったか。『Smooth Operator』の凛としてかっちりと芯のある音の中にも、ある種の「揺らぎ」が心地よかった。マイルス・デイヴィスとシャーデー・アデュがコラボレーションしたらおもしろいなと思っていたら、帝王はさっさとこちらの世界にBYE BYE BLACK BIRDしてしまった。

1/fがどうたらこうたらいうことがしきりにまことしやかに、しかもしたり顔で取りざたされていた。ふざけた時代があったものだ。1980年代あるいは1980年代的なるものは総じてスカだったというのが揺らぎなく、確信に近い総括だが、そのことはどれほどこの国の大衆がおめでたく、能天気で、救いようのない愚劣愚鈍を内部、心性に抱え込んでいるかが露わになる時代だった。どこをみまわしても、どいつもこいつも、この世の春を謳歌しているとばかりに浮かれ騒ぎ、中身はスッカラカンの空っぽだった。もちろん、私自身もそのうちの一人であったわけだが。あの時代はバラバラでありながら、どいつもこいつもそろいもそろって脳味噌がオガクズかオカラだった。まあ、そういう時代があったということだ。そして、シャーデーはそのような時代のただ中を息も絶え絶えにも生き延びるための「絶望の呼吸法」を示していて、それは私にとっては来るべき「失われた時代」を乗り切るための羅針盤だったのだと思える。
シャーデー。そして、数年ののちにBATONGAの威勢のいいリズムとともに現れるアンジェリーク・キジョー。この二人のアフリカヌス・ウーマンがいなければ世界は7パーセントくらい退屈になっていた。さらには、1987年の春にエンヤがひっそりと、陽炎のように登場し、われわれをオリノコ河の名もなき水面に連れていくことがなければ世界は3パーセントほども殺伐としていた。
名もなき何者でもない者が世界の中心となり、世界を動かし、世界を根本的に変えてしまう時代。すなわち、アノニマス・ワールドがそのプレゼンスの強度を露わにするのはさらに数年後だった。


Sade - Diamond Life (1984)

Released: 16 July 1984 (UK)/23 February 1985 (U.S.)
Recorded: 1983–1984 Power Plant Studios (London)
Genre: Smooth Jazz, Soul, R&B, Funk
Length: 44:31
Label: Epic
Producer: Robin Millar

Personnel
Sade Adu – vocals
Andrew Hale – keyboards
Stuart Matthewman – guitar, saxophone
Paul S. Denman – bass
Paul Cooke – drums
Terry Bailey – trumpet
Pete Brown – assistant engineer
Tom Coyne – remastering
Martin Ditcham – percussion
Simon Driscoll – assistant engineer
Dave Early – drums, percussion
Gordon Matthewman – trumpet
Robin Millar – producer
Mike Pela – production engineer
Chris Roberts – photography
Ben Rogan – engineer
Graham Smith – artwork, design, sleeve design

Tracking List
1. "Smooth Operator" 4:59 Sade Adu, Ray St. John
2. "Your Love Is King" 3:41 Adu, Stuart Matthewman
3. "Hang On to Your Love" 5:54 Adu, Matthewman
4. "Frankie's First Affair" 4:39 Adu, Matthewman
5. "When Am I Going to Make a Living" 3:27 Adu, Matthewman
6. "Cherry Pie" 6:19 Adu, Matthewman, Andrew Hale, Paul S. Denman
7. "Sally" 5:22 Adu, Matthewman
8. "I Will Be Your Friend" 4:43 Adu, Matthewman
9. "Why Can't We Live Together" 5:27 Timmy Thomas


Smooth Operator - Sade
Soldier of Love - Sade




     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/584-e58abe89

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    778位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    121位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。