FC2ブログ

Entries

ゆるゆる王国#2 由良デリコとS-F-Pのマキ・サエグーサのエンターザドラゴン

 

STOP_THE_ABUSE800PX.jpg
 

 鼻行類ウォッチングのために訪れた東京都庭園美術館で偶然知り合ったアール・ヌーヴォーデコンストリュクシオン・コンセプシオンが急死して3日目。アール・ヌーヴォーデコンストリュクシオン・コンセプシオンの臼歯を形見としてもらったはいいけれども、その使い道に意識の底部がゆるゆるした。そのような生煮えの意識状況を打開するために青い心の所有者、いつかの代々木のいつかの甲本のベロべろべろを1時間ほど鑑賞してからリンダリンダ・マネーロンダリングすることにした。一人ではアレでソレでコレでメンソーレでメンソールでレーゾンデートルが危うくなってしまいそうなので、由良デリコを誘った。
 由良デリコはいつもゆらゆらしている。ゆらゆらしているけれどもゆるくはない。アスコの具合はキリキリコリコリゴリゴリキュキュである。由良デリコは裸の王様の直系血族だが、そのことは内緒にしたいらしい。由良デリコの口ぐせは Aha! All We Want! だ。

 由良デリコと初めて会ったのは代々木のルースBというシケて難破寸前のライヴハウスだった。その日のライヴはニック100万発分の憎っきゆらゆら帝国とわがゆるゆる王国との異化するタコスバンド天国合戦の最終日であって、由良デリコは隣りの席でひとりぼっちの咳をしながら乳首の席替えと隻眼の洗浄のためのサイケデリックなフラワートラベリンバンダナを頭に巻き、S-F-Pのマキ・サエグーサと一緒にゆらゆらとスインギーにジグリーシマリングスウェイしていた。タテノリともヨコノリともハコノリともフジワラノリカノリともアサクサノリともホリコシノリともちがうエキセントリックなノリ方だった。由良デリコの不思議で風変わりなユラユラノリノリに見蕩れていると、由良デリコと一緒に揺れていたS-F-Pのマキ・サエグーサがマーサー・ガーサー風な笑みを浮かべながらラ王ラオス語で言った。
「ねえねえ、新わらしべシステムにいっちょ噛みしてみない?」
「いいけど、なにかいいことあんの? その新わらしべシステムにいっちょ噛みすると」
「あるあるどころの騒ぎじゃないよ!」
「きみとメイクラヴできるとか?」
「それムリムリ! あたしには穴という穴がないから。ないというより、歌う犬どものための弦楽四重奏好きの宇宙を支配する巨大な意志の力によって封印されちゃってるんだ。あんたは好みのタイプだし、頭もよさそうな上唇と鼻腔をしてるからヤリヤリしたいのは山々なんだけどね。でもさ、ヤリヤリなんかより、もっとイケイケでハフュッフェンで偽物ボブでトヨバーバなことがいっぱいお待ちかねだよ、新わらしべシステムやると」
「オーケイ。じゃあ、大橋巨泉の分と石坂の兵ちゃんの分とシコりに向かっている途中に権田原でジコる前のビトー・タケーシの分も併せて頼むよ。いくら?」
「イクラ? 鮭はカンケーしてねーし。っつーか、ゼニカネかかんねーし」
「なにそれ? タダってこと?」
「そうだよ。新わらしべシステムは精神の空洞を埋めるための道徳律の領域に属することなんだ。早い話が心がけ。わかる?」
「うーん。生長の家とか奉仕団とかインナートリップとかとはちがいがあるわけ?」
「ちがうに決まってるジャン! ジャーン! ポリンスキー♪ ポリンスキー♪ 三枝形のヒミツはね。教えてあげないよ! ジャン!」
「えっ?」
「えってなにが?」
「いや、オチはどこにあるのかなと思って」
「オチ? ジャンがオチじゃん」
「ジャンがオチって言われてもな」
「じゃあ、これでおじゃんね。火焔太鼓の時間だから」
「めちゃくちゃだなあ」
 マキ・サエグーサは火焔太鼓を担いで舞台に駆け上がってしまった。ゆらゆら帝国とゆるゆる王国が壮絶なゆらゆらゆるゆるバトルの最中だというのに。由良デリコは我関せず不条理ゆえに吾信ずとばかりにゆらゆらとスインギーにジグリーシマリングスウェイしている。




     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/576-fbd12dd2

    トラックバック

    コメント

    [C147] ゆらゆら帝国でお仕事中

    次は坂本慎太郎のソロを聴くべし。
    オレは背筋に戦慄が走った。
    わけても括目すべきは、言葉のセンス。詩的言語を一切使わず、日常語だけで最高度の異化効果を実現している。反世界的なものを垣間見せる。これは吉岡実が「孤独なオートバイ」でようやく到達した境地である。その言葉の異様な音楽よ!
    久々に他人の才能に惚れ、嫉妬した。坂本慎太郎は「買い」である。
    • 2013-07-30 10:50
    • ガジン
    • URL
    • 編集

    [C148] 軽やかな絶望

    坂本慎太郎とコトバドライヴすることによって、もう世界のあらゆることがばかばかしいのだということがわかる。

    『死者より(From The Dead)』でさらにさらにゆらゆらだ。
    • 2013-07-30 11:45
    • 自由放埒軒/Machine-Gun Typewriter
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    555位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    81位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。