FC2ブログ

Entries

二人の「ちょい不良オヤジ」の壮絶バトル キャノンボール・アダレイ&ビル・エヴァンス『Know What I Mean』

 

Cannonball_Adderley-Know_What_I_Mean800PX.jpg
 

「かかってきやがれ!」「上等だ!」このようにして、二人の「ちょい不良オヤジ」のバトルは始まった。


RIVERSIDEつながりで、ジュリアン・キャノンボール・アダレイとビル・エヴァンスの共演盤。いわゆる「隠れた名盤」のうちの一枚だ。巷間言われる「隠れた名盤」については、多分に売り手側(レコード会社等)の思惑、謀慮のたぐいが背後にあるので眉に唾をつけておくくらいがちょうどいいが、それらのマヤカシ、ペテンとは遠く離れて、実際に「隠れた名盤」というのは何枚かある。『Know What I Mean』がまさにそうだ。ハードバップ全盛期の勢い、息吹、醍醐味を満喫、思う存分味わえる。
1961年ニューヨーク録音。レーベルはRIVERSIDE. キャノンボール・アダレイこそはチャーリー・パーカー亡きあとに雨後の筍のごとくに現れたバード亜種、パーカー・エピゴーネンと異なり、正統王道のチャーリー・パーカー継承者である。キャノンボール・アダレイはあまたのパーカー派アルト奏者の中にあって、唯一パーカーの領域、「神の御座」「王の玉座」に達しえたONE&ONLYのパフォーマーである。
歌心が横溢したフレージング、自由自在闊達明瞭なインプロヴィゼーション、完璧にコントロールされたドライブ・フィーリングは全盛期のチャーリー・パーカーを彷彿とさせる。ある場面では当のチャーリー・パーカーをしのいでさえいる。
本盤において、キャノンボールとエヴァンスの丁々発止のやりとりは聴きどころのひとつである。濃厚濃密にして自由闊達。ビル・エヴァンスの「ちょい不良」ぶりが微笑ましい。アルバム・タイトルの『Know What I Mean』はキャノンボールの口ぐせである。「わかれってのよ!」くらいの意味だ。


Know What I Mean - Cannonball Adderley&Bill Evans

Released 1961
Recorded January 27, February 21, March 13, 1961 Bell Sound Studios, New York City
Genre JAZZ-Soul Jazz, Hard Bop
Length 53:00
Label Riverside (RLP-433)
Producer: Orrin Keepnews


Track listing
1. "Waltz for Debby" (Bill Evans, Gene Lees) – 5:15
2. "Goodbye" (Gordon Jenkins) – 6:15
3. "Who Cares?" (Take 5) (George Gershwin, Ira Gershwin) – 5:57
4. "Who Cares?" (Take 4) – 5:55
5. "Venice" (John Lewis) – 2:55
6. "Toy" (Clifford Jordan) – 5:09
7. "Elsa" (Earl Zindars) – 5:52
8. "Nancy (With the Laughing Face)" (Phil Silvers, Jimmy Van Heusen) – 4:08
9. "Know What I Mean?" (Re-take 7) (Evans) – 4:54
10. "Know What I Mean?" (Take 12) – 7:01

*Tracks 2, 3, 8 recorded on January 27, 1961; tracks 6 and 7 on February 21; tracks 1, 5 and 9 recorded on March 13, 1961.

Personnel
Julian "Cannonball" Adderley - Alto saxophone, leader
Bill Evans - Piano
Percy Heath - Bass
Connie Kay - Drums


Know What I Mean - Cannonball Adderley&Bill Evans (Full Album)




     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/569-3d8bee17

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    555位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    81位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。