FC2ブログ

Entries

ガンスリンガー・ガールを探して#1

 

GUNSLINGER_GIRL800PX.jpg
 

「ガンスリンガー・ガールを探して」と女は言って息を引き取った。昨夜のことだ。女は骸骨同然に痩せていた。人体の骨格標本に薄皮を一枚かぶせたような有様だった。女の唇は乾いてひび割れ、眼は黄色く濁っていた。女が口を開き、絶え絶えにうわ言のような言葉を吐き出すたびにひどい悪臭がこぼれ出た。女はすでに肉体の中心部から腐りはじめていた。どんなに手をつくそうが悪あがきしようが、もはや女の首を死神が刈りにくるのを止めることはできなかった。耐えがたい悪臭と無惨な姿。女から顔を背けるのを我慢して女を介抱した。クロノスの大鎌を振り上げる死神が間近に迫っているのは十分にわかっていたが、それがかつて愛し、深く傷つけた女への償いであるように思えたからだ。ガンスリンガー・ガールとはだれだ?




     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/540-5ea9db07

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    778位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    121位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。