FC2ブログ

Entries

千のメルドー#5 クリックするたび馬鹿になる「イイネ!/拍手/NICE!」ボタン

 

メルドー物件0007 「イイネ!/拍手/NICE!」ボタン


NICE1000PX.jpg


この「イイネ!」は無意味ねとミーム・ミーン・ムーミン・ムーンが言ったから7月9日はムイミ記念日 E-M-M


一日中「イイネ!」ボタンをクリックしているブロガーがいる。ある日の彼/彼女の1日の「イイネ!」ボタン押下回数は1236回。1分に1回「イイネ!」ボタンをクリックするとして、彼/彼女はその日20時間以上もクリックしつづけていたことになる。「腱鞘炎にならないのか?」とこちらが心配になるほどだ。実際、クリックのしすぎによる腱鞘炎の症例が報告されている。しかし、腱鞘炎で済むなら、ことはそれほど厄介ではない。彼/彼女はすでにしてメンタル・ディスオーダーの領域にあるというのが吾輩の見立てだ。しかも、事態はかなり深刻である。早急に専門医の診断と適切な治療が必要である。

彼/彼女は数百にも及ぶフォロワー/フレンズを抱え、アップされたフォロワー/フレンズたちのすべてのブログに「イイネ!」する。彼/彼女がブログの中身を読んでいないことは明らかである。「風邪っぴき。きょうはブログ更新お休み」「朝から雨。鬱。」「お昼ごはんはチキンラーメンですぅ」というたった1行のブログにまで「イイネ!」している。

彼/彼女はページを開き、一目散に「イイネ!」ボタンに向かう。「イイネ!」ボタンまっしぐら。猫に鰹節、マタタビどころではない勢いだ。肝心のブログは読まない。彼/彼女にとって、ブログの内容など二の次三の次だ。彼/彼女が他者のブログを開くのはブログを読み、画像を見るためではないから当然である。彼/彼女が他者のブログを開くのは「イイネ!」ボタンを押すためなのだ。彼/彼女はひたすら「イイネ!」ボタンをクリックしまくる。クリックしつづける。

彼/彼女はなんのために「イイネ!」ボタンをクリックしつづけるのか? いったい、彼/彼女はなにをしているのか? なにをしたいのか? なにを求めているのか? 答えは「なにもなし」だ。彼/彼女はなにもしておらず、なにかをしたいのでもなく、なにも求めていない。そこには実体の消え失せた亡霊の影が仄見えるだけである。

彼/彼女は虚しくならないのか? ならない。すでにして、彼/彼女は魂、心を失っているからだ。そんな彼/彼女が行き着く先は火を見るよりも明らかである。「引き裂かれた自己」の段階はとうに過ぎて、いま彼/彼女がいるのは「酷寒のミル・プラトー」を目前にした荒涼とした廃墟前広場である。

他者を騙し、欺くことはできても、唯一、自己だけは欺けない。自分にうそはつけない。しかし、自分にさえうそをついている者もいる。自分にさえうそをついている者を待ち構えているのは破壊された自己という最終地点である。そうなってはもはや修復不能だ。手の施しようがない。凍りつくような悲劇が彼/彼女を襲う。

いっぽう、彼/彼女のアップしたブログには数百単位で「イイネ!/拍手/NICE!」がつく。「イイネ!/拍手/NICE!」しているのはいずれも彼/彼女が「イイネ!/拍手/NICE!」したフォロワー/フレンズたちである。

肝心の彼/彼女のブログの内容はといえば、端的に言って「空っぽ」である。「空っぽ」のブログで彼/彼女はいったいなにを発信しようとしているのか? 彼/彼女に発信したいことなどなにひとつないというのが吾輩の見立てである。彼/彼女はただなにものか、なにごとかと繋がっている自分を確認したいだけである。彼/彼女が焦がれるように求めつづける「繋がり」に、彼/彼女は「繋がり」の強度、「繋がり」の質の高低を期待しない。「ただ繋がっていればいい」というのが彼/彼女の心性である。

空っぽのブログにつくコメントが空っぽなのは当然である。空っぽな上にきれいごとおべんちゃらおためごかしおべっかの際限なき連続。歯の浮くようなコメントのオンパレード。しかし、当の本人たちはいかにも満足げである。なぜというに、彼らの唯一のメルクマールである「親和欲求」が満たされるからだ。

彼/彼女の「親和欲求」はきわめて刹那的であり、グロテスクでさえある。継続的に「親和的なもの」を望みながら、彼らは実際に「関係」「関わり」を継続させようとはしない。なぜなら、彼/彼女らが他者と結んでいる関係性もまた空っぽだからである。何者にも真空を維持継続させることはできない。

彼/彼女が持ち出すのは「普通」「常識」「一般」「当たり前」に属するものばかりである。彼/彼女自身のオリジナル、独自、独創を提示することはまずない。それらを提示することはある種のタブー、禁忌に属するものででもあるかのようだ。

彼/彼女はなにごとかを表明するが、自己あるいは自己の内面を表明することは決してしない。上っ面ばかりである。どこででも通用する当たり障りのないこと。
インドラの矢が放たれるときでも、モーゼが十戒を授けられたシナイ山山頂でも、そののち1枚目の石板を叩き割ったときでも、ノアの方舟が漂着したアララト山でも、鳩がオリーブの小枝をくわえて戻ったその瞬間でも、カノッサの屈辱が行われている寒風吹きすさぶ城門前でも、ポツダム宣言受諾の踊り場でも、ICBM大陸間弾道ミサイルのボタンが押される瞬間でも、最後の審判が下されるときであってさえ通用するような言説。すなわち、空っぽの言説だ。

実体を失った空虚なるクオリアの精神だけが彷徨っている。彼/彼女をして向かわせているインターネットとは彼らにとっていかなる意味合いを持つのか? 彼/彼女の本当のメルクマールはどこにあるのか? いずれの「答え」も0と1でできあがったデジタルの海に漂っている。




     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/526-5d1b0d59

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    417位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    58位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。