FC2ブログ

Entries

日曜の夕暮れ前のスターバックスのテラス席と『言語にとって美とはなにか』と金持ちの団塊男#3

 

Lost_Time04800PXREVERSE.jpg
 

 男に断り、電話に出た。「朝からずっと胸騒ぎがひどいんだ」とガジンは言った。
「あいかわらず、おまえはよく鼻が利く。その”胸騒ぎ”の件で、今取り込み中なんだ。詳しいことは折り返し電話する。おれから連絡があるまでSM遊びと調教は控えて、『失われた時を求めて』と『言語にとって美とはなにか』をおさらいしておいてくれ」
 きわめて察しのいいガジンは「了解」とだけ言って電話を切った。私は男に中座を詫びてからたずねた。
「あなたは『失われた時を求めて』を地図にしていったいどこに行こうとしているんですか?」
「今の段階ではわからない。実際に『失われた時を求めて』を地図にして目にしてみないとね」
 男はそこで小さなため息をひとつつき、視線を落とした。男はつづけた。
「人類はまだ『失われた時を求めて』を解読できていないんです。誰一人としてです。『言語にとって美とはなにか』は『失われた時を求めて』を解読し、地図にするための羅針盤、参考書なのです」
 男は経年によってところどころ黄ばんでしみの浮いた勁草書房版の『言語にとって美とはなにか』を撫でながら軍艦の浮かぶ海に目をやった。詳細が地図に載らない自衛隊とアメリカの軍事施設が密集する名もなき岬の緑が目にしみた。私はさらにたずねた。
「思惑どおりに、『失われた時を求めて』があなたの仰る”地図”になりえたとして、その地図を頼りにあなたはどこを目指すんですか?」
「”地図”を実際に見てからでないとわからないというのは先ほど申し上げたとおりです。おそらく    おそらくですが、わたくしはその”地図”で本当の自分を探しはじめるのではないかと思っています。正確にはエンゾさん、あなたとガジンさんの二人に探してきていただくということになるでしょうが」


STABALARGE800PX.jpg


 男はブルーベリーのイングリッシュ・マフィンを小さくちぎり、テーブルの上の雀に与えた。雀たちのなつき方から、男がこのテラス席に頻繁に来ていることがうかがえた。私はこの「物語」が開かれた時点から引っかかっていた疑問を口にした。
「ところで、あなたはなぜ私やガジンのことを御存知なんでしょうか?」
「わたくしはあなたの『Signifié/Signifiant』と『アノニマス・ガーデン』の熱心な読者ですよ。あなたは知らないでしょうがね。きっかけは”横須賀””THE MORRIGAN'S””ドブ板通り”のキーワードでGoogle検索したときにあなたが書かれた『冷たい雨の夜のヨコスカのRAINY NIGHT IN GEORGIA』がヒットしたことでした。あれは確か2012年の秋のことだった。あなたの『冷たい雨の夜のヨコスカのRAINY NIGHT IN GEORGIA』はとてもよかった。不覚にも涙を禁じえませんでしたよ。以来、わたくしはずっとあなたの追っかけです。時折、あなたが茶目っ気たっぷりに載せるあなたの画像はすべて保存してありますよ。だから、きょうあなたがここに来られたときもすぐにわかりました。Facebookには驚くほど大量の画像がUPされてますしね」
 男がとても気持ちよさそうに笑った。私もだ。「ガジンさんについては彼とあなたとのコメントのやりとり    あれもスリリングで知的で茶目っ気があってとてもおもしろかった    、そして、つい先日のUSTREAMの放送も聴かせてもらいましたよ。DLして一日に一度は聴いてます」
 私の当初の疑問はほぼとけた。
「申し遅れましたが松平です。わたくしにもなにかいい名前をつけていただけませんか?」
「少し時間をください」
 私は松平の顔をみ、全体像を詳細に観察した。松平にふさわしい名前はすぐに浮かんだ。
「では、きょうからあなたは”苦悩するビーバー・カモノハシ”です。どうでしょう?」
「いいですね。実にいい。ビーバーとカモノハシの見分けがつかない愚者たちに翻弄されつづけてきたわたくしの人生をみごとに象徴している」
 苦悩するビーバー・カモノハシは握手を求めてきた。あたたかくやわらかな手だった。私は苦悩するビーバー・カモノハシの手をやや強く握りしめながら言った。
「私がきょうここへ来るという偶然がなければこういう展開にはならなかった」
「エンゾさん、それはちがいますよ。偶然なんかではありません」
 苦悩するビーバー・カモノハシの手が固く冷たくなった。
「どういうことでしょう?」
「いずれわかります。いずれね」


Lost_Time04800PX.jpg




     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/521-3f5d49c4

    トラックバック

    コメント

    [C883] christian louboutin cheap shoes

    christian louboutin rollerboy spikes アノニマス・ガーデン/記憶のほとりの庭で |日曜の夕暮れ前のスターバックスのテラス席と『言語にとって美とはなにか』と金持ちの団塊男#3

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    688位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    103位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。