FC2ブログ

Entries

「未解決事件」を解読する。FILE 003

 

GENPATU_GYPSY1000PX1.jpg
 

 悪鬼毒婦の角田美代子の亡霊は原発ジプシーの生き血をすする。


「死者を鞭打つな」という。「罪を憎んで人を憎まず」という。しかし、角田美代子というモンスターについてはこのことを斟酌しない立場をあえて取る。手加減なし容赦なしで角田美代子を鞭打つ。その罪も角田美代子も憎む。憎悪しつづける。そうすることが百鬼悪鬼が夜行し、跳梁跋扈する国と堕した日本社会が抱える「闇」を炙りだすことにつながると思うからだ。それが吾輩のリアリティである。
 角田美代子をめぐる「闇」は深い。生半可な覚悟では軽々と飲み込まれてしまう。角田美代子というモンスターの「闇」に感応し、こちらがまた別のモンスターになってしまうことさえあるように思える。
 過去には被害の程度や犯行態様の冷酷非情ぶり、残虐悪逆非道さにおいて角田美代子らの犯行の数々と同程度の、あるいはさらにそれをも凌ぐ事件事案があるのは事実だ。ここ数十年のスケールでみても、オウム事件、連合赤軍事件、オレオレ詐欺殺人事件、世田谷一家惨殺事件、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件(警察庁広域重要指定117号)、酒鬼薔薇聖斗事件(神戸連続児童殺傷事件)、山口県光市母子殺害事件、女子高生コンクリート詰め殺人事件(「野獣に人権なし」)、名古屋アベック殺人事件、勝田清孝事件(警察庁広域重要指定113号)、大阪愛犬家連続殺人事件、埼玉愛犬家連続殺人事件、京都元警官強盗殺人事件(広田雅晴事件/警察庁広域重要指定115号)、富山・長野連続女性誘拐殺人事件、藤沢母娘殺人事件(藤間静波事件/警察庁広域重要指定112号)、八木茂らによる埼玉本庄保険金殺人事件、荒木虎美による別府3億円保険金殺人事件、論告求刑の際に検察官から「史上最高の黒い金メダルチャンピオン」と糾弾され、判決文では「悪魔の申し子」と形容された西口彰による連続強盗殺人事件、古谷惣吉連続殺人事件等々。
 だが、角田美代子らが犯した悪業は犯行態様の悪質悪辣さもさることながら、その「根」にある救いようのなさ、卑しさ、浅ましさ、愚劣さにおいて他の犯罪を軽々と凌いでいる。有史このかたの犯罪、悪業の数々のなかでも、角田美代子一味が手を染めた悪逆非道は、その陰湿陰険、卑欲、冷酷さ、残忍さ、愚劣卑劣非道ぶりにおいて最悪のものであるというのが吾輩の見立てだ。
 犯罪は行為自体をみた場合、すぐれて「個人的な体験」である。犯罪を生んだ背景にある問題をも考慮するべきであるとの「極楽とんぼ議論」には与しないというのが吾輩の揺るがぬ立ち位置だ。それであってもなお、角田美代子の犯した悪逆非道には日本社会が抱えるいくつもの「闇」の貌が仄見えてくる。

 角田美代子の実父の生業は、いわゆる「手配師」である。手配師は「人夫出し」「人足出し」とも呼ばれる。「ニコヨン時代」の遺物。悪徳。人間性無視。極悪とまでは言わないが、手配師どもがやっていることは非道であることにまちがいはない。手配師は他者の労働の対価の上前をはねることにまったく頓着しない精神と価値観と世界観の持ち主である。違法行為であるにもかかわらず、厳しく指弾されることはほとんどない。罪刑も軽い。量刑も甘い。
 試みにまわりを見回してみるがいい。手配師はいるか? まず、いないはずだ。そう簡単に手配師にはなれない。だれもが望んで手配師になれるというような生易しい「仕事」「職業」ではない。手配師になるためにはある「特殊な条件」を満たしていなければならないからだ。
 福島の原発事故現場において、劣悪な労働環境、労働条件下で働く労働者、作業者のほとんどは全国から手配師たちによって集められ、送り込まれている。原発事故現場で働く人々は否応なく被曝するが、手配師たちは指先ひとつ動かさず、被曝することもない。これは動かしようのない事実だ。放射線による健康被害、危険を承知の上で、それでも「目先のカネ」のために働かざるをえない人々と、それにつけ込む手配師ども。このあたりの「構造的な悪」のことは堀江邦夫の『原発ジプシー』(現代書館/講談社文庫)に詳しい。


GENPATU_GYPSY1000PX0.jpg


「斡旋料」「紹介料」と言えば聞こえはいいが、早い話が人間、労働者を商品、モノ扱いして雇用主の元に送り込み、労働者からピンハネをするペテン師である。3分の2をピンハネされることもめずらしくない。まぎれもなく、「人の生き血をすする」とはこのことであると言っても決して過言ではない。
 角田美代子の父親は手配師の仕事を手広くやり、財をなした。職業に貴賤の別はないが、手配師を職業と呼ぶことには強い抵抗がある。労働基準法に抵触するのは無論のこと、人権侵害をしているのは明らかである。手配師は人としての尊厳を無視し、蔑ろにする「仕事」なのだ。人としての尊厳を一切慮らない父親の姿を角田美代子は生まれたときから身近で当たり前のように目にしてきたはずだ。人を人とも思わない点において、手配師も角田美代子が行ったことも同類である。「自らは手を下さず、手を染めず、手を汚さず」という巧妙狡猾さも。




     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/454-c45a01d9

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    688位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    103位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。