FC2ブログ

Entries

ジョナサン・リヴィングストン・シーガル氏の無謀なる賭け#3

 

RAZOR1000PX.jpg
 

 痛みを飼いならすこと。死を手なずけること。それがレッスン1だ。 E-M-M


「おれに逆らえばこうなる」
 鮮血に染まった2羽のカモメが青い海に向かって落下してゆくのを表情ひとつ変えずに見つめながらジョナサン・リヴィングストン・シーガルは言った。
「そして、おれはこうやって自分を罰する」
 言うが早いか、ジョナサン・リヴィングストン・シーガルは断崖の縁から海に向けて飛び降りた。

 青く澄んだ海面から急上昇してきたジョナサン・リヴィングストン・シーガルは断崖を5メートルほど過ぎ、私の頭上を2度旋回してから降りてきた。旋回しているあいだ、ジョナサン・リヴィングストン・シーガルの鋭利に研ぎ澄まされた眼差しがずっと私に注がれていた。
 青いカモメは着地する寸前に元の大柄で屈強な初老の男の姿に変わった。ジョナサン・リヴィングストン・シーガルはひゅるりと1回空を切ってから着地した。
「おぼえておけ。おれに逆らえばあいつらのようになる。そして、おれは自分自身を罰する。いいな?」
「はい」
「で、ここにたどり着くのにどれくらいかかったんだ?」
「3日」
「遅い。おれなら1時間だ」
「あんたと僕とじゃ経験がちがうよ」
「経験なんぞ糞の役にも立たない。せいぜいが図太く図々しくなるだけだ」
「臆病で世界に怯えていて、いつも震えてばかりいるよりはましだ。僕は強くなりたい。朝から晩までびくびくしているカナリアじゃなくて、死さえ恐れずに急降下して獲物をつかまえる隼のように」
「おまえが隼? 笑わせるな。おまえはカナリアの雛ですらない」
「あんただって最初は嘴の黄色いヒヨッコだろう?」
「おれは生まれたときから空の王者だ。鷲も鷹も隼も恐れない青いカモメだ」
 ジョナサン・リヴィングストン・シーガルの眼差しが突き刺さってくる。痛い。本物の痛みだ。髪の毛の1本1本、血管の1本1本にまで痛みが走る。
「おまえのレッスン1は痛みを飼いならすことだ。肉体の痛みと精神の痛みの両方を飼いならすんだ。いいな?」
「わかった」
 痛みはさらに強さを増した。痛みというよりも痺れに近い。小刻みな振動が全身を貫く。細胞のひとつひとつが震えているように感じる。ジョナサン・リヴィングストン・シーガルは苦しむ私の様子を満足げに眺めている。ひどい奴だ。本当にひどい奴だ。いつか強く鋭く速く青い隼になっておまえを八つ裂きにしてやる。




     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/446-34c7a6ba

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    555位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    81位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。