FC2ブログ

Entries

ジュークの春#2 クサイにおいは元から絶たなきゃダメ!

 

JOHNSON_AND_JOHNSON-LOGO1000PX.jpg
 
 
 若い巡査くんは通せんぼよろしく両腕を広げ、路地奥の行き止まりに追いつめられた吾輩に迫ってきた。
「無駄な抵抗はするな」
 無駄な抵抗? 走り、立っていることが抵抗なのか? まあ、いい。
「なんで逃げたんだ?」
 吾輩は黙っていた。
「なんで逃げたかと訊いてるんだ!」
「あんたの息が臭くて吐きそうだったからだよ」
 デコスケくんはぎょっとした顔になった。手のひらに息を吹きかけてにおう仕草をみせた。
「あんた、昼めしにうんこでも食べたんじゃないのか?」
 吾輩は小動物をいたぶるような気分で言った。「あんたのように息の臭い奴をおれの街ではウンコちゃんと呼んで、 クサイ、クサイ! クサイにおいは元から絶たなきゃダメ!って馬鹿にされたうえにジョンソン&ジョンソンのシャットを丸々1本飲まされるんだ。あんたも飲めよ」
 新米デコスケくんの表情がみるみる曇っていく。そして、彼はついにぶち切れた。
「きっさまあああああ!」
 デコスケくんが絶叫しながら迫ってくる。吾輩は内心、「いいぞいいぞ。その調子だ。新米巡査くん。これでおれの勝利は確定だ」とほくそ笑んだ。吾輩がほくそ笑んだのとほぼ同時にパトロール・カーのけたたましいサイレンの音が路地に反響した。事態は吾輩の想定していたのとはちがう方向に動きはじめた瞬間だった。

(つづく)




     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/410-42558c10

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    372位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    47位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。