FC2ブログ

Entries

ミモザが咲く頃を過ぎても

 

MIMOSA1000PX1.jpg
 

 そう。あれは2008年の5月の第2金曜日だった。六本木ヒルズのけやき坂がミモザの花で埋めつくされたのだ。ミモザの香りは麻布十番商店街、元麻布と南麻布界隈、そして広尾にまで及んだ。

 ミモザのちょっと引っ込み思案な香りはときどき人の心をやさしくする。けやき坂がミモザで埋めつくされたあの日もそうだった。けやき坂を歩く人は皆一様に足をとめ、一面のミモザに見とれ、そして一輪だけミモザを持ち帰った。どの顔にもやさしさが色づいていた。さりげないやさしさが。

「あなたは階段の坂の下のカフェでカプチーノなんてありきたりでバカみたいって思うでしょうけど、やっぱり傾く午後の陽射しは気持ちよくて、相手と半分こしたはずのケーキはわたしの方が多く食べちゃって、やっぱりこんなのバカみたいって思うけど、そう思うことがバカみたいでバカみたいなのはわたしだとようやく観念してみたりするのよ。わかる?」
「わからないよ」
「わかってよ」
「わかったことにするよ」
「ちゃんとわかってよ」
「ちゃんとわかったことにするよ」
「なんだか真夏の夜の夢みたいね。垂直に積み重ねられたはずの過去がワンクリックですべて水平に並列だなんて」

 けやき坂を埋めつくすミモザのことはあっという間にネットを通じて世界中に広まった。BBCとNBCとFOXとCNNとCBSの取材班もやってきた。ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーもお忍びでやってきた。ブラッド・ビットはのちにミモザをモチーフにしたデザイン画『MIMOSA in KEYAKIZAKA』をチャリティーに出品し、『MIMOSA in KEYAKIZAKA』は7万ドルで落札された。ブラッド・ビットは全額「ミモザの家」に寄付した。

 ミモザの可憐でちょっと引っ込み思案な花が咲く季節になるとあの日のことを思いだす。そして、絶望のパスタにミモザの可憐でちょっと引っ込み思案な花のひと枝を添える。ワインはブルゴーニュの安い白を2本飲む。絶望のパスタとミモザと安物のブルゴーニュの白ワインがトリオを組む日を私は「ミモザの日」と勝手に呼んでいるが、そのことを知るのは弟子のポルコロッソだけだ。

 いったい、だれがけやき坂をミモザの花で埋めつくしたのか? それは5年を経たいまもわかっていない。私はことの真相を知っているが明かすわけにはいかない。ミモザが咲く頃を過ぎても。盛りを過ぎたひとつの恋が生まれたことも。ミモザの花言葉は「豊かな感受性」「感じやすい心」、そして「真実の愛」だ。けやき坂を埋めたミモザの謎を解く鍵のいくつかはこの中に隠れている。さりげなく、そして、やさしく。




     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/389-ef2cd605

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    555位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    81位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。