FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/31-6d735240

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

テプコ・アトミック・ワンダーランドの愉快な仲間たち#1 デタラメ・ハルキンボ

 
harukinbo01.jpg

原子力不安全の番人、原子力不安全委員会の長である。デタラメくらい出鱈目で軽薄で無責任で無能で姑息な輩にはそうそうお目にかかれまい。サンイン予算委員会に参考人としてお呼びがかかり、きっつい質疑の矢面に立つデタラメのうろたえぶり、ビビりぶりは見物であった。ロッキード事件にかかわる証人喚問のときのオサノ(「記憶にございません。」)ケンジ、ダグラス・グラマン事件の証人喚問で宣誓書に署名するときにガクブルしていたカイフ・ハチロウに匹敵する。そのいっぽうで、フクシマ原発事故発生から12日間にわたり取材を拒否するという剛の者の一面も。その理由を問われて答えに窮したデタラメは苦しまぎれに「(マスコミなんかだいっきらいだしぃ)官邸と文科省に伝えりゃいいと思ったもんで。でへへ。うしし。ぐふふ。」ときたもんだ。非常用ディーゼル発電機や冷却ポンプなどの重要機器が複数同時に機能喪失することを想定しなかった理由を社会ス義ミンス党のフグスマ(キ印の女たち一味)ミズホちゃんに問われ、「そんな事態は想定しない。そんなことを想定してたんじゃ原発つくれないもんよ。(つくれなきゃ、オイシイ思いできないじゃん!)」とドヤ顔。また、高レベル汚染水への対応について質問された際に、「原子力不安全委員会はそんなめんどくさい知識は持ち合わせてないYO!」などと発言して見識のなさを露呈するとともに、原子力不安全委員会の存在意義に大いに疑問を抱かせた。そんなこんなのデタラメは、週休6日、勤務時間5分~1時間で年収1650万円もらっちゃうちゃっかりさんである。口ぐせは「お兄ちゃん、まだらめぇ~」

本名マダラメ・ハルキ。1948年生まれ。1970年3月トーキョー帝国主義大学工学部卒業。1972年4月とうきょうしばうらでんき入社。1989年トーキョー帝国主義大学工学部附属原子力工学研究施設助教授。2005年4月トーキョー帝国主義大学大学院工学系研究科教授。2010年4月内閣府原子力不安全委員会委員長就任。

【著 書】
『虱の歌を聴け』
『2011年のビーンボール』
『核をめぐる冒険』
『キュリー夫人はグレイなレム睡眠がお好き』
『世界の終わりとテプコ・アトミック・ワンダーランド』
『炉、建屋を焼く、その他の短編』
『福島行きのスローボート』
『TEPCOピープル』
『ベクレルの森』
『原子力村クロニクル』
『2Q11』
『福島の南、浜岡の西』(原発紀行集)
『スリーマイル豆腐』(グルメ評論集)
『チェルノブイリ・プリン』(グルメ評論集)
『かあつ式』(原子炉娯楽情報誌・月刊『ゲロ』連載の漫画エッセイ集)
『ふっとう式』(原子炉娯楽情報誌・月刊『ゲロ』連載の漫画エッセイ集)

【訳 書】
『偉大なるメルトダウン』(F.S.フィッツゲラダヒヒ)
『シュラウド再訪』(F.S.フィッツゲラダヒヒ)
『デンリョク畑でつかまえて/The Catcher in the Lie』(J.D.モウドクサリンジャー)
『バカな魚に手頃な日』(J.D.モウドクサリンジャー)
『シーベルト序章』(J.D.モウドクサリンジャー)
『冷却』(T.アポーンティ)
『フクシマの小女子釣り』(R.ボディーブローティガン)
『ガイガーの世界』(J.アービングクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング)
『ホテル・ニュートリノ』(J.アービングクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング)
『ニュートリノの聖骸布』(イアン・ウェスティングハウス)
『今、そこにある放射線管理区域』(T.クライシス)

【好きな映画】
『アトミック・ヴィレッジの青春』(ポール・ファザースキー)
『東京電力物語』(小角安二郎)
『最後の商売』『絵に描いた餅』(ピーター・ボクダノサノバビッチ)
『The Killing Atomic Fields』(シドニー・グリーンストリートシャンバーグ)

【趣   味】接待旅行とポンチ絵描き

【愛 読 書】なし

【ひとこと】「もっとチェレンコフ光を!」

harukinbo02.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ



    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/31-6d735240

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    790位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    127位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。