FC2ブログ

Entries

新しい産業の誕生

 
RADIATION-RISK00_800PX.jpg


 福島原発事故後、まったく新しい産業が誕生した。「除染産業」だ。この産業は今後数百年、数千年にわたって衰退することがない。あるいは永遠に。
 除染産業の栄華は放射性物質(放射性核種)の半減期次第である。放射性物質が放射線を出しつづけるかぎり除染産業は栄耀栄華を誇ることができる。除染産業は設備投資も研究開発も不要である。人手と水と放水機材さえあればだれでもできる。
「除染」ははやい話が水をかけるだけのことだ。水をかけ、洗い流すだけの作業である。洗い流された放射性物質は別の場所へ移動する。「除染」ではなく「移染」と言われる所以だ。放射性物質は中和も分解もできない。在りつづける。在りつづけ、放射線を出しつづける。われわれに逃げ場はない。雨が降れば流れて低地に移動し、風が吹けば舞い上がり、別の場所に降下する。
「基準値」を極限まで厳格にすれば「除染事業」は未来永劫存続する。自然界に存する放射線の値を「基準値」とすれば、「除染事業」は永遠につづけることができるからだ。原始力村の卑劣強欲な輩どもは、虫酸が走り、腸は煮えくりかえり、吐気を催すようなほくそ笑みを浮かべながらこう考えているだろう。「原発のあとのめしのタネは除染だ」と。官僚、原子力村の住人どもは「原発事故」を乞い願っていたとさえ考えられる。事故が起これば当然に「除染」という「新しい利権」が手に入るからだ。彼奴らは「めしのタネ」になりさえすればなんでもこいという下衆外道なのだと思うくらいでちょうどいい。
 丸投げ。除染の研究開発費。天下り。国からの交付金。都合のいい法整備。すべては官僚どもの思うまま、お手盛りでことが運ぶという次第だ。先の総選挙でそのベクトルはさらに強固になった。この「仕組み」「システム」を容認したのはわれわれだ。まったくもって「間接民主主義」とは御立派きわまりない制度である。
 容認することに「YES」の投票をした者が糾弾されることもない。制度的には彼らはなにひとつ「誤謬」「あやまち」を犯していないのだから。投票所に行き、投票用紙に候補者の名前あるいは政党名を書き、投票箱に投票用紙を入れただけだ。ただそれだけのこと。そして、頬っ被りし放題というお笑いぐさ、茶番、三文芝居。譲れぬ拠点は「年金」のみというけっこう毛だらけな爺さん婆さんを表彰したいくらいだ。「自分だけの幸せ探し厚顔無恥賞」「天下分け目の恥知らず賞」で。
 発送電分離、総括原価方式の廃止、地域独占の解体によって電力会社は急速に力を失うが、官僚は「除染」という錦の御旗を振りかざしてさらに巨大強固になっていく。天下るための組織をつくるために法整備し、規制と許認可権で姑息狡猾にやり放題だ。官僚はあらゆる場面に規制の触手を伸ばし、利権のタネにしようとする。災害も事故も事件もだ。法整備し、天下り先の組織をつくり、交付金をせしめる。まさに害虫だ。害虫どころか害悪そのものである。手に負えず、始末に負えない害悪。木っ端ひとつ生み出さない木っ端役人に貪り食われる国家と国民。官僚こそは「害悪の王」「災厄の権化」である。世界はこの害悪と災厄を駆除し、振り払うための哲学も技術も持たない。もっとも厄介なのはセシウムでもプルトニウムでもストロンチウムでもなく、官僚であることを忘れてはならない。まったく「いやな世の中」ここに極まれりだ。




     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/269-cd1ba47e

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    778位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    121位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。