FC2ブログ

Entries

「なんとなく、そっと、すこしだけしあわせ」であるということのキセキ

 
PORCO_NIJICO_800PX.jpg

 はっきり言ってしまうが、この退屈で狡猾で冷酷で非情で気まぐれで腐った世界に「奇跡」などない。メディアやお調子者やおっちょこちょいにだまされてはいけない。しかし、「キセキ」はある。それも、数えきれないほどたくさん。

 ステキな笑顔というキセキ。
 届くはずのない思いが届くキセキ。
「小さなコビトの大きな世界」のキセキ。
 満天の星を眺めることのできるキセキ。
 そばにいてくれるだけで気持ちいいキセキ。
 場所も時間も超えてつながっているキセキ。
 かなうはずのない夢や願いがかなうキセキ。
 安曇野の峻烈で明晰な空気を吸えるキセキ。
 世田谷の穏やかで気持ちのいい風と光に包まれるキセキ。
 天河の社で弁財天の言祝ぎの調べを聴くことのできるキセキ。
 棚から牡丹餅の落ちる音に万象のかそけき気配を読みとるキセキ。
「地中海の感傷」のオレンジ色のピエな夢をみることのできるキセキ。
 エアオキルと新ワラシベ・システムに夢中のモンクさんを眺めるキセキ。
 においをかいだだけで、ひと口食べただけでしあわせにしてくれるキセキ。
 そして、
「なんとなく、そっと、すこしだけしあわせ」であるということのキセキ。

 ゆうべ、『グランド・ホテル』をみながら虹子と深々と飲酒した。1本898円のジム・ビームで。ひとかけらのチーズと、前の日の食べ残しのかたくなったバゲットと、ガルボのミニと、キャベツとニンジンと鶏のササミのサラダで。おいしかった。ジム・ビームもチーズもバゲットもグレタ・ガルボォもサラダも。間に合わなかったアタチュルクとはちょっとちがう淡い代赭色の「オレンジ・マカロン」も。

 この23年間の虹子とのジェットコースター・デイズを思い、胸に迫るものがあり、いまたしかに生きているということのキセキに心がふるえ、そして、すこしだけしょっぱいダイアモンドが出た。虹子をみたら、虹子もまぶしいくらいのダイアモンドを3粒こぼしていた。まことにいい冬の夜だった。蜜が「きょう、あなたの夢をみた。とてもステキな笑顔だった」と歌っていた。

 さあ、きょうもおいしくてすこやかでたのしいごはんを食べよう。


 蜜 『初恋かぷせる』




     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/268-58508d49

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    832位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    137位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。