FC2ブログ

Entries

びっこの仔犬・小さな命の冥い輝き

 
KOINU800PX.jpg

『びっこの仔犬』という歌がある。加山雄三の『大空の彼方/びっこの仔犬』に収められている。ただし、「びっこ」という言葉が野暮天どもに問題視されたあげくにポンコツボンクラなレコード会社の自主規制の憂き目に遭い、「加山雄三全作品集」には未収録のままだ。


 びっこの仔犬 作詩:岩谷時子 作曲:弾厚作 編曲:森岡賢一郎

 びっこの仔犬 大きなムクに 追われて逃げた 夕暮れ道よ
 びっこの仔犬 お星様見てる 隠れて逃げた 小さな穴で
 びっこの仔犬 お家は何処だ いたずら坊やも もう帰ったよ
 びっこの仔犬 帰るあてなく とぼとぼ歩く 風吹く街を
 びっこの仔犬 おまえの母は ひかれて死んだ 春の陽なかに
 びっこの仔犬 眠れぬ夜は お星様見つめて くうくう泣いた
 びっこの仔犬 夢見て眠る 大きな虹と やさしい口笛



『びっこの仔犬』は、ある友人の家の薄暗い屋根裏部屋に忍びこみ、青いナショナルのポータブル・レコードプレイヤーで友人とともに息をひそめて聴いた。小学生の頃のことだ。大昔のことなのにいまもそのときの心の震えをおぼえている。『デイヴィッド・コパフィールド』を読みおえたときとおなじくらいの心の震えだった。胸の真ん中あたりがじんじんずんずんした。
『びっこの仔犬』と結びついている出来事がある。それは拾ってきた仔犬の死だ。ふたつは吾輩の中でほぼおなじ場所にある。『びっこの仔犬』を聴くと「仔犬の死」を思いだし、「仔犬の死」を考えると『びっこの仔犬』を聴きたくなる。
 秋の終わりの雨の夕暮れ。吾輩は家の近くにある浅間神社の境内で一匹の仔犬をみつけた。仔犬はお社の片隅で雨に濡れて小刻みに震えていた。段ボール箱に隠して家に連れ帰り、自分の部屋で飼うことにした。いつかはバレるにしても、バレるまでのあいだに「既成事実」を積み上げ、その仔犬を飼えるようにしてしまおうと目論んだのだ。
 仔犬は震えるばかりで、食べ物にいっさい口をつけなかった。水も飲まず、鳴き声さえ立てなかった。そして、三日目に仔犬は死んだ。吾輩の腕の中で仔犬は命の冥さをたたえつつ、祈るように目を閉じた。仔犬は重い病に罹っていて、死ぬ運命にあったんだろう。そのように理解しようとしたが、吾輩は激しく動揺した。「生き物の死」に直面するのはそれが初めてだったのだ。
 ともすると、我々は生命や人生について「尊さ」「素晴らしさ」「幸福」といったところから、大上段にふりかぶり、大声で語ってしまいがちだ。しかし、それはもしかしたら、大きなまちがい、思いあがりかもしれない。『びっこの仔犬』を聴き、「仔犬の死」を思いだすたびに、生命も人生も、実は儚く哀しく冥いものなのだというひっそりとした「痛みの場所」から、小声で囁くように語るものなのだと感じる。
 今朝方、一番弟子であるミニチュア・セントバーナードのポルコロッソが死んだ。奇しくも彼の8歳の誕生日だった。今夜はずっとポルコロッソの亡骸を撫でていようと思う。一番好きだった胸元あたりを。『びっこの仔犬』を小さな音で聴きながら。






     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/255-315de429

    トラックバック

    コメント

    [C985] christian louboutin glitter

    christian louboutin.uk.com アノニマス・ガーデン/記憶のほとりの庭で |びっこの仔犬・小さな命の冥い輝き

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    832位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    137位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。