FC2ブログ

Entries

虹のコヨーテ#2

 
 耳のうしろに不思議な力を持つ石を挟む男と青空の月と緑色のターコイズ

Turquoise_GREEN800PX.jpg

 ホピの長老「耳のうしろに不思議な力を持つ石を挟む男」は赤茶けた岩に座ってしきりにいくつも渦巻き模様のある巨大なグリーン・ターコイズをこすりながら言った。
「おまえがいったい何者なのか、生まれてから今まで何をしてきたのかに興味はない。興味があるのは、おまえがわたしと”炎の中心”に立って尻込みしない男かどうかだけだ」
 私は言葉もなかった。長老はつづけた。
「いついかなるときにも質素な身なりをして、何者にも腕をつかませず、自分のための物は持つな。つねに弱き者を助け、貧しき者に分け与える者であれ」
 私は涙が止まらなかった。見ると、長老も泣いている。私の視線と長老の視線が音を立ててぶつかり合い、翡翠色の火花を散らした。まわりにいたホピの若者たちがバネ仕掛けのおもちゃのような動きで一斉に跳びのいた。
「おまえの涙はなんの涙だ? だれのために流している涙だ?」
「よろこびの涙です」
「よろこびの涙は自分のための涙だ。これからは一滴たりとも自分のための涙を流してはいけない。そして、自分以外の者のために泣け。いいな?」
「わかりました」

MOON_BLUE_SKY800PX.jpg

 私のうしろにうずくまって息をひそめていた虹のコヨーテが立ち上がり、長老の座っている赤茶けた岩に駆け上がった。そして、真っ青な空の中心にある月に向かってそれまでに耳にしたこともない美しく強く悲しげな遠吠えをした。長老とホピの人々も虹のコヨーテとおなじように天空の月に向かって声をあげた。カルネギア・ギガンテアとサボテンミソサザイと石をみつめる少女も。そして、私も。

 ホカ・ヘイ! ヤタ・ヘイ! アヒェヒェ!




     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/239-f25ea7a1

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    778位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    121位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。