FC2ブログ

Entries

あえて「メン殺し」の汚名を着て #2

 
MENTAIKO_SPAGHETTI800PX0.jpg

 去年の秋に鬼籍入りした「壁の穴」の成松孝安が考案した和風パスタの先がけとも言える「たらこスパゲティ」の誕生にはベートーベンの第九とジョン・マルコビッチが関係している。というのは明太子なみに真っ赤なうそで、食通で知られる常連客のN響楽団員に「キャビアでスパゲティを作ってくれ」と頼まれたのがきっかけだった。件のN響楽団員はホルン奏者であったというから、大方、自分の食通ぶりを吹かしたかったのでもあるだろう。
 時代は1960年代末。日本は高度成長真っただ中、固定相場制で1ドルが360円だった頃だ。成松はキャビアは使いきれないのでたらこを代用してメニューに取り入れた。これが舶来かぶれどもに大いにうけた。吾輩は「和風パスタ」などというシロモノをほとんど認めないが、成松の「たらこスパゲティ」には及第点を与える。その発想の柔軟さと「古きよき昭和」の時代性を象徴しているという点において。1960年代は鱈の豊漁期が続いていて、たらこはまだ庶民の食卓に当たり前のように並んでいた。たらこは「貧乏人の食いもの」のひとつでもあって、吾輩などは来る日も来る日もたらこの焼いたのを喰わされた記憶がある。
「たらこスパゲティ」の誕生から幾星霜を経て数多の「和風パスタ」を自称するしろものが誕生しているが、ろくなものがない。「和風」をつければいいというものでもなかろうが。そのうち、「洋風糠漬け」やら「中華風もりそば」やら「和風シュールストレミング」やら「田舎風ヴィユー・ブローニュ」やら「あっさりカオリフェ」やら「エピキュア懐石」やらの御登場とでも相成るのか?
 さて、吾輩が「明太子スパゲティ」なる珍妙な食いものを初めて喰ったのはいつどこだったか。あれはたしか泡の時代の初期、西麻布交差点近くの「Cafe La Boheme」だったと記憶する。「Cafe La Boheme」がオープンして間もない頃だ。細く急な階段をのぼった2階に「Cafe La Boheme」はあった。メニューに「明太子スパゲティ」の文字をみつけたときは「ふざけるな」と思った。「イタ公がそんなものを喰うか!」とも思った。喰った。うまかった。ものすごくうまかった。吾輩のすぐ横のテーブルでとんねるずのスカタンヘッポコ石橋貴明が脳味噌のしわの少なそうなワンレン・ボディコンおねいちゃんのうなじに息を吹きかけながら口説いていた。石橋の肩越しに調理場を見ると、黒人のシェフがウォークマンのヘッドフォンをして音楽を聴きながらリズミカルに仕事をしていた。「Cafe La Boheme」は繁盛店になるなと思ったらすぐに行列ができるようになっていた。もう何年も「Cafe La Boheme」には行っていないが、味はどうなんだ? 明太子スパゲティとガーリック・トーストとクラム・チャウダー。それにグラス・ワインとコーヒーがついて1200円だった。いい時代だったと言えば言えないこともない。勘定をすませて帰りがけ、厨房の黒人シェフに声をかけた。
「おまえさんが聴いているのはなんだ?」
「アフリカ・バンバータだ。HIP HOPだ」
「なんだそりゃ?」
「聴いてみな」と言って黒人シェフはヘッドフォンを吾輩の頭にかけた。
「すげえ!」
「だろう?」
「すげえ。あんたの明太子スパゲティの100倍ヒップでホップだ」
「明太子スパ、うまくなかったか?」
「うまかったよ。ヒップでホップだった」
「あんた、名前は?」
「Diogenez Dog。樽犬だ」
「ともだちになりたいな」
「いいよ」
 このようにして吾輩と「Cafe La Boheme」の黒人シェフ、マーカス・マーベラス・ザ・ドッグズはいい友人になった。マーカス・マーベラス・ザ・ドッグズは現在、ニューヨーク5番街のヒップな人々御用達のレストラン、「MARCUS MARVELOUS THE DOGZ」でHIP HOPな食いものを日々、ラップ&ライムしている。まことによろこばしいことだ。




     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/228-c708c9a4

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    372位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    47位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。