FC2ブログ

Entries

Rouge, Vert et Bleu#1 カルパッチョの女

 赤と緑と青が混ざりあうことによってすべての色は生まれる。ただし、赤と緑と青が均等に混合されて生まれるのは白、すなわち無である。
 

CALPACCIO640PXSSS.jpg m_DietrichORIGINAL640PXSSS.jpg CARPACCIO18640PXL.jpg
 
 リュ・カンボンのオテル・ド・リッツの裏口の通りを挟んで向い側に新しくできた『Harry's Bar』の窓際の席にマダム・プレヌリュンヌは物憂げな表情を浮かべて座っていた。黒いストッキングに包まれてすらりと伸びた脚。マダム・プレヌリュンヌの脚はいつも挑発的だ。
「テツ。あなたはわたしの脚ばかりみているわね。なぜわたしをみないの? わたしよりわたしの脚のほうが好きなの?」
「そうさ。吾輩はきみの脚が好きなんだ。大好きなんだ。食べちゃいたいくらいに。それにきみの脚だってきみの一部だろう?」
「ジャポネの男はみんなムッシュゥ・イッセイ・サガワなのね。わたしを食べるのはいいけど残ったものを池や沼に捨てるのはいやよ。ブローニュかフォンテンブローの森に埋めて」
「ひとかけらも残しゃしないさ。髪の毛一本もね。残らず食べちゃうよ。どんなキュイズィーヌにするかな。いまのうちにムニュを決めておくことにしよう」
 私が言うとマダム・プレヌリュンヌは陶器のように白くてつるりとした喉元をみせ、静脈をくっきり浮き上がらせて大きな声で笑った。笑い声さえおいしかった。胃がうごめき、口の中に唾液があふれる。
「ねえ、テツ。シャンゼリゼの凱旋門のすぐそばに鮮やかなオリーブ・グリーンのお皿で真っ赤なブフのカルパッチョを出すお店があるのよ」
「うん。いいね。オリーブ・グリーンのお皿に真っ赤なブフのカルパッチョ。この世界できみの次に鮮やかで美しい」
「それでね、そのグリーン&レッド、ヴェール・エ・ルージュをあなたと食べるときに着る服を買ったのよ」
 私は身を乗り出した。鮮やかなグリーンの皿に盛られた真っ赤な牛肉とそれにあわせたプレヌリュンヌの服。いい1日になりそうだった。カルパッチョの女を食べ終えるまでは。



    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/220-cdfc5fcb

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    688位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    103位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。