FC2ブログ

Entries

密航

 
 [月の酔いどれ船]で見たグレープフルーツのような月とトム・ウェイツとベルリンの壁

DRUNKONTHEMOON01LAGSQUARE.jpg

 1987年冬。深夜の横浜港山下埠頭。私と月を見る男はナホトカ行きの貨物船、Drunk on the Moon号に忍び込んだ。大陸までの密航である。時代錯誤もはなはだしい蛮行であったが、気分はまだ見ぬ大陸を思い、爽快だった。

TomWaitsMIDSQUARE900.jpg

 密航2日目。私と月を見る男は船員たちが消えたうせた深夜の甲板でグレープフルーツのような月を眺めながら、食料庫からくすねたスミノフをまわし飲みした。ウォークマンにトム・ウェイツの曲の入ったカセットをいれ、イヤフォンを二人でわけあって聴いた。真冬の、密航した貨物船の、船員たちの寝静まった深夜の甲板の、満月の夜の『Grapefruit Moon』とスミノフはわれわれにしみた。

SMIRNOFF01LAGSQUARE900.jpg

 ナホトカに上陸後、徒歩とヒッチハイクでベルリンの壁を目指した。ベルリンの壁のウォール・グラフィティを目撃しにゆく風狂の旅である。その旅は孤独と困難と寒さと大爆笑の旅でもあった。ベルリンの壁の前に立ち、われわれは言葉もなかった。あまたの落書きの中から月を見る男がPINK FLOYD/THE WALLのスプレーペイントを発見した。私と月を見る男の旅はこのとき、成就された。円環はたしかに閉じられた。

THEWALLPINKFLOYD01MIDSQUARE900.jpg

 あれから25年が経つ。友よ。月を見る男よ。いつかまた、山下埠頭からどこかの国の貨物船に忍びこもう。そして、まだ見ぬ我々の祖国、自由放埒な「酔いどれの王国」をめざそう。





     
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/16-5d5ee103

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    12 | 2020/01 | 02
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    257位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    27位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。