FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/110-44fae97d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

いまだ会うこともない長き友とのはじまりに/また見ることもない山が遠ざかる

 
Fluctuatnecmergitur01_20121001222102.jpg


 このテクストが公開される頃、吾輩はパリ行きの機上のひととなっているはずだ。成田を出発する時刻は定刻では21時55分なので22時30分に公開されるように「予約投稿」という機能を使った。初めて使うのでうまくいくかどうかはわからない。うまくいけば、それはそれでちょっとイカすな。
 これを読んでくれている諸君、短いあいだでしたがありがとうございます。本当のことを言えば、この夏の終りから嵐のごとき頻度でテクストをアップしたのは「遺書」「遺言」を残すような気分だったからだ。吾輩にとって、母国を去るというのは死ぬことと同義だからだ。
 時間がない    そんな思いがこのひと月あまり常につきまとっていた。どこまで自分が納得できたか。そしてこれが一番肝心なことだが、果たして諸君に吾輩の言葉が届いたのか。わからぬ。吾輩の言葉どもはもはや吾輩の手を離れ、インターネットという「虚空」に放たれたからだ。エリック・ドルフィーの言っていた意味がいまわかる。
 13時間後には吾輩はパリの土を踏んでいる。そして、おそらくはもう二度と日本の土を踏むこともなく本当の「Adieu、Adios」を迎えるんだろう。いくぶんかのさびしさがなくもないが、それもまた人生のひとつのありようだ。
 いま吾輩の心の中には山頭火の「また見ることもない山が遠ざかる」といううたが繰り返し浮かび、消えていく。日本にとどまれば会えたかもしれない友のまだ見ぬ顔が浮かんでは消えてゆく。いまだ会うこともない長き友との始まりに、吾輩はやはり、漂えど沈まず、悠々として急げ、そして、なにがどうあれ人生はバラ色だということを伝えたい。

FestinaLente02_20121001222233.jpg

ソス・ド・ヴィが
オー・ド・ヴィへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/110-44fae97d

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    09 | 2018/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    689位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    101位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。