Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/106-39afa9a5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

師歌/皿回し師のうた(沈黙の青い歌)

 
BLUES01LARGE.jpg

「ほんとのことを言うよ」と癒し系天然ブルースマンは突然スカイプ・チャットで1ラインの文字列を送ってよこした。
「ん?」
「前にあんたがおれにたずねただろ。なんでトークをやらないんだって。あのことだよ」
 癒し系天然ブルースマンはインターネット・ラジオで「Blues Train」という番組をオンエアしていて、最初から最後までずっとトークなしでかたくなにブルースだけを流しつづける皿まわし職人、DJである。
「ブルースはジャンルではない。魂の奥底から沸きあがる叫びなんだ!」というのが癒し系天然ブルースマンの口ぐせ(スカイプ・チャットでの発言)だ。
 私とのスカイプ・チャットを検証したところ、2006年11月24日から2012年9月30日までのあいだに正確に15330回同様の発言をしている。これはたいへんな数字である。癒し系天然ブルースマンとはほぼ毎日スカイプ・チャットをしているが、1日平均約7回、「ブルースはジャンルではない。魂の奥底から沸きあがる叫びなんだ!」を私はくらっている計算になる。困ったものだ。いや、たのしいことだ。
「『ガープの世界』って映画を知ってるかい?」と癒し系天然ブルースマン。
「アービング原作のだろ。知ってるよ。ロビン・ウィリアムスが主演してたやつな。原作も読んだよ」
「おれはロビン・ウィリアムスが好きで、その流れで『ガープの世界』をみたんだ」
「おおかた、おまえの理想の皿まわし職人像は『グッド・モーニング・ヴェトナム』のあの伝説のDJなんだろ?」
「そうさ。そのとおり」
「やっぱり」
「おまえになんでトーク、ベシャリをやらないのかって言われたとき、おれは正直まいったよ。もうラジオをやめようかとさえ考えた」
「そうか」
「実はな。おれ、舌がないんだ。自分で切り落としちゃったんだ」
「ばかやろう! シャレになんねえことぶっこいてんじゃねえよ」
「シャレでも冗談でもないんだ。ほんとのことなんだよ」
「ほんとのことってのはそのことか?」
「うん」

 私は居ずまいをただした。0と1のデジタル・データでできあがった単なる文字列にすぎないチャットであっても、アナログ同様に「気配」「雰囲気」を読みとることはできる。私と癒し系天然ブルースマンのあいだにしばらく深い「沈黙」があった。「沈黙」を破ったのは癒し系天然ブルースマンだった。
「あの映画の中にレイプされた女の子が抗議の意思をあらわすためにみずから舌を切り落とすという話がでてくるんだ」
「知ってるよ。で、その女の子に共鳴したクレージーな女どもがどんどん舌を切り落としちゃうんだ。その女たちの一人、たしかプーとかいう女が女装したガープに気づいて悲鳴をあげる。だよな?」
「そのとおりだよ」
 ここでまた、私と癒し系天然ブルースマンのあいだにちいさな「沈黙」。私はたばこを1本吸い、飲み残しのビールをなめた。たばこもビールも苦かった。だがそれはビールのせいだけではない。また癒し系天然ブルースマンが「沈黙」を破った。
「おれはあの映画にすごく影響されちゃって、そんで舌の先を2センチほど切り落としちゃったんだ。当時のおれはどうかしてたんだ。あとの祭りだけどねwww」
「ばかやろう! ”w” とかつけて笑ってんじゃねえよ! しかもみっつも!」
「ごめん」
「おれはいまや、なにものもなにごとも信じちゃいないが『言葉』だけは信じるにあたいすると思っている。もちろん、『言葉』の使い手、使い方にもよるけどな」
「うん。よくわかるよ」
「じゃ、ほんとの話のつづきをしてくれ」
「わかった」
「あ、ちょと待て。乾杯してからだ」
「お    !」
「ながしま    !」
 私は中元でもらったシーバス・リーガル12年の栓をあけ、マグカップになみなみと注いだ。長い夜になりそうだった。

BLUETRAIN03LARGE.jpg

「いまでも痛む」と癒し系天然ブルースマン。
「だろうな。問題は   
 そこまでタイピングして送信したところで、私の指は停止まった。みずから舌を切り落とした者に伝えるべきなにがあるというのか? 私の残り少なくなった「常識」が問いかけていた。だが、私はありったけの言葉の集積を探索し、タイピングした。
   問題はおまえがその痛みを友とできるか、乗りこえることができるか、飼いならすことができるか。このみっつにかかっているとおれは思う」
「おれは   」と癒し系天然ブルースマンは送信してきた。「おれは世界が跡形もなく消えちまえばいい」
 動きかけた私の10本の指がぴたりと停止まった。

 世界なんか跡形もなく消えてしまえばいい。
 世界なんか跡形もなく消えてしまえばいい。
 世界なんか跡形もなく消えてしまえばいい。


 私は3回口に出した。そして、3回テキスト・エディタに書いてみた。そうだ。世界なんか跡形もなく消えてしまえばいいんだと私は思った。それはいつも私が考えていることだ。癒し系天然ブルースマンの言うとおり、そして私がいつも考えているとおり、世界なんか跡形もなく消えてしまえばいい。跡形もなく消えてしまえばいいけれども、そのいっぽうで、世界は『収穫の月』やCSN&Yや『レオン』やジャクソン・ブラウンやプライム紀尾井町店の大五郎(2リットル)298円や『海を見ていた午後』やシーズンオフの心や心の中のギャラリーや雪だよりや青いエアメイルや新しい恋人と来てほしくない男心や同じく女心やサングラスで隠して見せない涙やゴミアクタマサヒコや右翼や左翼や福島瑞穂・辻本清美・田嶋陽子一味のけたたましい唐変木どもや『カサブランカ』や「正義」や「公序良俗の原則」や「罪刑法定主義」やヨシダミナコや『星の海』やあめじや『My Love』やポ兄や「例の赤いTシャツ」やチャーリー・パーカーや沙羅双樹の花や『風の谷のナウシカ』や「年越しそばに命をかける女」やその息子のムラオサ君やライ麦畑風味のライムライトなラムネ売りのライムマンや星を継ぐ者やマイルス・ディヴィスやジョン・コルトレーンやニガブロ・ニザンやさえちゃんやうれし涙やくやし涙や『THE END OF THE WORLD』や怒りやいかりや長介や憎しみや憎しみの肉屋や喜びや喜び組のよろめきや悲しみや「きのう、悲別で」や『時間よとまれ』やウソやカワウソやカモノハシやビーバーや『人間の証明』やウジ虫どもやワタナベカヅミや『薔薇の名前』や「暴行傷害焼き定食」やインチキやニセモノやクワセモノやマガイモノや『ホテル・カリフォルニア』やシーバース・リーガル12年や『紅の豚』や発泡酒や「漂えど沈まず」や「悠々として急げ」や盛者必衰の理や猿の漫才師サルーやそのお天使ちゃんやかれらの小せがれ小娘どもや暗躍海星や数の子天井カズコや芸者ガールや25メートル・プール一杯分のビールや『風の歌を聴け』や2ちゃんねるや姑息低能愚劣下衆外道どもの巣窟「シンデレラの屋根裏部屋」や『La Vie en Rose』や祇園精舎の鐘の音や『雨を見たかい?』やベッシー・スミスや『奇妙な果実』やボブ・マーリー&ウェイラーズや『河内のオッサンの歌』や『WHAT A WONDERFUL WORLD』や諸行無常の響きや本好き料理好きささみ好き行列好きのヒメキリンの坊やや光と闇の幽玄の闘争に立ち会うZINや国大出で美人で木っ端役人で世界を2パーセントくらいつまらなくしているさっちゃんに番号非通知ワン切りの集中放火を浴びせるべく有志を募っている風変わりなバランス感覚でタブーもサンクチュアリもなんのそのな A-BALANCER や日本文学全集レプリカの背表紙に頬ずりするエストリル・ガールや世界で一番小さな庭で繰り広げられる「いのちの物語」のダイナミズムに心ふるわせるレイザ姫や葡萄酒を飲み過ぎたせいでオーバー・ドープし、夫をとうとう専業主「婦」にしてしまった地下鉄のジュジュのバサラカ冒険によってハラハラドキドキの抑圧デイズを生きるアーキテクチャー・ウーマンや自身の闇とのタイマン勝負に勝利すべく「てにをは」「句読点」の文章修行に精を出すビーチサイドのセイレーンや東京フェルメール・ガール代表の chisato Memories や「文字」を拡大表示するのと「!」を乱発するのが「お下品」であることに気づきはじめた七転八倒しつつも七転八起する神々の黄昏おやじやねじまき鳥看護婦の松坂世代や虹子やポーちゃんやメリケン帰りのバカ娘やを乗せて、明日もまた壮大にドタバタ満載に、喜怒哀楽、起承転結、ありとあらゆることどもものどもを乗せて走りつづけ、ジェットコースターしつづけ、メリーゴーラウンドしつづけ、なんどでも終わり、なんどでも始まらなければならない。そうだ。それがわれわれが生きている「世界」なんだと私は思った。
「おい、大馬鹿野郎の癒し系天然ブルースマンよ。おまえはおれがスキーター・ディヴィスの死を知ってひどくダウンだった夜、ブルースしかかけないおまえの本放送中にスキーティーの『THE END OF THE WORLD』をかけてくれたよな? おぼえてるか?」
「もちろんだよ」
「おれはこの世界とやらはどうしようもなくて救いようがなくて大きらいだけれども、あのとき、『THE END OF THE WORLD』をおれに聴かせてくれたおまえの世界は永遠につづいてほしい。そして、おまえのその世界をおまえの『言葉」で語りつづけてほしい。おれの言いたいことはそれだけだ!」

 かくして、モールス信号でトークする世界初の皿まわし芸人が誕生した。

にほんブログ村 小説ブログへ



    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://diogenezdogz.blog.fc2.com/tb.php/106-39afa9a5

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    自由放埒軒

    Author:自由放埒軒
    Festina Lente.
    No Pain, No Gain.
    Fluctuat nec Mergitur.
    R U Still Down Gun 4?
    玄妙の言葉求めて櫻花
    薄紅匂う道をこそゆけ

    最新トラックバック

    カテゴリ

    Festina Lente.

    R U Still Down Gun 4?

    カレンダー

    05 | 2018/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    1049位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    オリジナル小説
    183位
    アクセスランキングを見る>>

    QRコード

    QR

    樽犬の子守唄

    Didie Merah
    Blessing of the Light

    樽犬が全速力で探します。

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。