FC2ブログ

Entries

師歌/釣り師のうた

  黒塗りのマイバッハが滑るようにやってきて停まった。ドアがあき、体格のいい男二人が機敏な動きで飛びだしてくる。鋭い視線を私のほうにちらとよこす。白刃の切っ先を突きつけられた気分だ。 伝説の釣り師はゆっくりと車の中から出てきた。濃紺のペンシル・ストライプのダブル・ブレステッド・スーツ、濃紺のボルサリーノ、上等のワニ皮の靴はピカピカに磨き上げられている。知らない者がみれば、その筋の親分である。右眼の...

ゴンザレスの南、チチリアーノの西。マドレーヌと紅茶。あるいは「病としての過剰」もしくはハーブ・エリスの不思議な三角形

  O.ヘンリーの書斎で(382) あらかじめ失われた庭を求めて オハイオ・ペニテンシャリーことウィリアム・シドニー・ポーターのこともイゴール・ゴンザレス・ガルディアーノのこともしばし忘れていただきたい。「ゴンザレスの失われたファリエロ・マージ」を探す旅に出発する前にすこしだけ自分のことを記す。 私の大脳辺縁系ならびに大脳新皮質はあることをするとあることを思い出す仕組みになっている。さらにあることを思い出...

ゴンザレスの南、チチリアーノの西。あるいは RIDE ON TIME の男

  2000トンの雨の中、RIDE ON TIMEの男は不可思議グーゴル・ピーチパイ製の巨大な波を連れて夏の終わりを告げにやってきた。 休暇届の書き方の問題に端を発した私の誤解から職場を追われるはめになった。今後の展開について作戦を立てるため、雨の日の麹町小学校の放課後の音楽室で「ぼくのクラゲ弁当」による短めの昼食をとった。「ぼくのクラゲ弁当」は故障ぎみでシャープさに欠け、味気なかった。チタニウム合金の味だけが際...

天使と妖精と酔いどれのクリスマスに向けて#1

「酔いどれずにやっていられるものか」とアスファルトに吐き捨てる。東京はそうとでもしなければいられない街だ。東京には天使も妖精もいるがなかなか姿をみせない。彼らはすごく気まぐれで気分屋でわがままなうえに音や光の具合にうるさいので姿をあらわす条件がととのうことはまれだ。音と光にあふれかえっている東京は天使や妖精どもの気分を損ねつづけている。しかし、ひとたび天使や妖精どもがあらわれると人生がいくぶんか色...

Appendix

プロフィール

自由放埒軒

Author:自由放埒軒
Festina Lente.
No Pain, No Gain.
Fluctuat nec Mergitur.
R U Still Down Gun 4?
玄妙の言葉求めて櫻花
薄紅匂う道をこそゆけ

最新トラックバック

カテゴリ

Festina Lente.

R U Still Down Gun 4?

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
688位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
103位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

樽犬の子守唄

Didie Merah
Blessing of the Light

樽犬が全速力で探します。