FC2ブログ

Entries

午睡後、コルコバード星の散歩の途中、WAVEで産婆ノートを買い、アイルトン・セナ・ダ・シルバが眠るイモラ・サーキットのタンブレロ・コーナーにおいしい水を供えにイパネマの娘と思った矢先の出来事だった。

  夕暮れどき、まだ夏の盛りの余韻が残る神宮外苑の銀杏並木を鉄の馬で疾走中にとびきりの『Desafinado』は聴こえてきたのだった。愁いを含んでほのかに甘いアクースティック・ギターの調べに乗って。 ホブソン・コヘア・ド・アマラル。生粋のカリオカ、リオ・デ・ジャネイロっ子だ。1月の川はたいてい冷たいがホブソンは明るく暖かくやさしい。シンガーであり、ギタリストであり、パーカッショニスト。在日13年。カタコトの日...

白い城と神々の棲まう岬と花ざかりの森とクマグス先生#1

  クマグス先生は『和漢三才図会』の綴じ糸を繕いながら、イズラエル・カマカヴィヴォオレが歌う『虹の彼方に』にじっと耳を傾けている。「この若者はずいぶんと肥満しているのではないのか?」とクマグス先生が突然尋ねるのでびっくりした。「そうですよ、先生」と答えるのが精一杯だった。「若死にしたんだな?」「どうしてわかりますか?」「きみきみ。吾輩は天下無双のミナカタ・クマグスだよ。わからぬことはなにひとつない...

噛む男

  私の耳たぶを噛む男がいる。男は私の耳たぶをとてもじょうずに噛む。噛むというより撫でられているように感じることさえある。彼が私の耳たぶを噛むようになってからもう3年2ヶ月だ。初めの頃はキャドバリーのフルーツ&ナッツ・チョコレートとビーバー・カモノハシの臍の緒の赤ワイン煮込みと人参のピクルスをいっしょに食べるような不思議な違和感があったが、いまではすっかり慣れてしまった。 噛む男の名前はいまだにわか...

サイコーに「好きな」の件:脱ぎすぎたねじまき鳥の疑問に答える。

  好きなサイコーは『最後の晩餐』好きなサイコパスはノーマン・ベイツ好きなノーマンはキングズレー・メイラー好きなメーラーはEudora好きなカードゲームはジン・ラミーとUNO好きな醤油は栄醤油店の「甘露醤油」好きな晦渋は『精神現象学』好きな韜晦は『純粋理性批判』好きな難解は『存在と時間』好きな難儀は『論理哲学論考』好きな陶酔は『存在と無』好きな透徹は『善の研究』好きな愉悦は『エロスの涙』好きな至福は『フー...

Appendix

プロフィール

自由放埒軒

Author:自由放埒軒
Festina Lente.
No Pain, No Gain.
Fluctuat nec Mergitur.
R U Still Down Gun 4?
玄妙の言葉求めて櫻花
薄紅匂う道をこそゆけ

最新トラックバック

カテゴリ

Festina Lente.

R U Still Down Gun 4?

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
832位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
137位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

樽犬の子守唄

Didie Merah
Blessing of the Light

樽犬が全速力で探します。