FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

齢の決算書/マイナス100度の太陽みたいに#2

    1989年の暮れだった。「泡劇場」は最終幕に入ろうとしていた。「おまえが高校生の頃、おれは30歳で、すでにして人生に起こりうるあらかたは経験済みだった」私に大きな仕事をもたらしたちょうどひとまわり年上の画商はそう言って私の瞳をしげしげとのぞきこんだ。「いま限界ぎりぎりまで膨らんでいる泡はいずれ弾ける。おまえも30歳だ。この先、泡が弾けたあとにどう生きていくか覚悟だけは決めておけ」しかし、時すでにお...

齢の決算書/マイナス100度の太陽みたいに#1

    「齢の決算書」をつくる過程で、泡の時代の「もうひとつの貸借対照表」のための参考資料として1990年前後の自分自身のテクスト、世に出たあまたのテクスト、楽曲/音楽を読み、聴きなおしている。1990年の夏の盛りに出たサザンオールスターズの『真夏の果実』を聴いていたら無性に泣けてきた。『真夏の果実』の中に出てくる「マイナス100度の太陽みたいに」という言葉が突き刺さった。それは実体をともなってわが身を貫いた...

Appendix

プロフィール

自由放埒軒

Author:自由放埒軒
Festina Lente.
No Pain, No Gain.
Fluctuat nec Mergitur.
R U Still Down Gun 4?
玄妙の言葉求めて櫻花
薄紅匂う道をこそゆけ

最新トラックバック

カテゴリ

Festina Lente.

R U Still Down Gun 4?

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
677位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
94位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

樽犬の子守唄

Didie Merah
Blessing of the Light

樽犬が全速力で探します。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。