FC2ブログ

Entries

ドリーミーな意志のスタイル#4

   昔々の大昔。世界の果てのだれも知らない島の森の奥に花や鳥や動物たちの楽園があった。その楽園には虹を食べる7匹の小鬼が住んでいた。タカナカ族の人々はその楽園を「虹の楽園」と呼び、強く憧れ、深く敬った。妄想ベンチは虹の楽園からやってきた。E-M-M いつかは虹の楽園について話さなければならないと思いながら、42年が経ってしまった。虹の楽園の天候や光の具合や風向きについて。特に虹の楽園とアンドレ・リュウの...

ドリーミーな意志のスタイル#3

   オリノコ河でインカ・コーラを飲む夢をみなくなってからというもの、生きてゆくフギンと死んでゆくムニンとカラダがZEROになるフシギと空っぽの妖精のフジンがそばを離れない。「蕎麦屋は近所と相場が決まっている」とほざくヤルキ・ブリキの太鼓屋ガジンも。夢みる頃を過ぎても林真理子は激烈にブスだし、不機嫌で作りすぎ繕いすぎ寛ぎすぎの夢みるユメコの非マヌカ・ハニーなマヌコは逆ルンルンに猛烈にサクイ。E-M-M 驚...

ドリーミーな意志のスタイル#2

   世界と個別具体的な存在と個的幻想を脅かす「夢」もある。E-M-M 2013年の世界中の夏からすべての熱を奪い去るファム・ファタールとまず初めにしたことは1990年の冬の終りから行方不明になっていた『夢の本』を探すことだった。「『夢の本』を探す過程であなたの夢のかけらはみつかるから。きっとみつかるから」と2013年の世界中の夏からすべての熱を奪い去るファム・ファタールは言った。「わかった。根拠はなにひとつない...

ドリーミーな意志のスタイル#1

  その涙の分だけ夢に出会える。その笑顔の分だけ夢が描ける。 そのやさしさで幸せに近づける。その自分らしさだけが君を救える。D-T J.S.バッハの『マチュウ・パッション』をフーリエ変換しつつ聴き終えて、「死の必然」の仕組みを完璧に理解するという第一主題部に深く共鳴し、通底和音のピンク・ノイズと倍音のホワイト・ノイズ、そして、変奏のブラック・アウトが頭の中で残響しつづける木曜の午睡。 いつものようにドク...

Appendix

プロフィール

自由放埒軒

Author:自由放埒軒
Festina Lente.
No Pain, No Gain.
Fluctuat nec Mergitur.
R U Still Down Gun 4?
玄妙の言葉求めて櫻花
薄紅匂う道をこそゆけ

最新トラックバック

カテゴリ

Festina Lente.

R U Still Down Gun 4?

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1230位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
209位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

樽犬の子守唄

Didie Merah
Blessing of the Light

樽犬が全速力で探します。