FC2ブログ

Entries

ある新米非常勤講師と青白く輝く新月とコルトレーン

   ジョン・コルトレーンの『Crescent』をずっと聴いている。青白い炎がゆらめくような静かな熱情。変貌しつづけるコルトレーンが唯一立ち止まったときの記録。1曲目の『Crescent』につづいて『Wise One』がかかる。賢者。賢き者。マッコイ・タイナーの静謐なピアノのあとにさらに静謐なコルトレーンのテナー・サックスのソロ。遠い昔のいくつかのシーンが静かによみがえってくる。 高校2年の秋。文化祭をめぐる緊急臨時生徒総...

小春おばさん、会いにいくよ

  小春おばさんが死んだ。102歳。大往生だ。小春おばさんは一人暮らしだった。子供はいない。親戚すらいない。天涯孤独。こどもの頃、冬将軍様がおでましになり、風に焚火の香ばしいような匂いが混じりはじめると小春おばさんの家へ行った。そして、普段は決して口にすることのできない御馳走をたらふく食べ、縁側で小春おばさんの話を聞いた。小春おばさんは吾輩にあれやこれやのおいしいものをいくらでも食べさせてくれた。帰...

昭和の寓話#1 老兵は笑う

   遥か遠くの古ぼけた食堂で俺たちゃ日に三度、 豚の野郎と豆っかすばかり食う。ビフテキなんぞとんでもねえ。 ちくしょうめ! 砂糖ときた日にゃあ、紅茶に入れる分しかねえ。 だから、俺たちゃ少しずつ消えていくんだ。 老兵は死なず。ただ消え去るのみ。 二等兵さんは毎日毎日麦酒が飲める。 伍長様は自分の階級章がお気に入り。 軍曹殿は猛訓練とシゴキが大好物だ。 きっと奴らは永遠にそうなんだろう。 俺たちゃ...

Appendix

プロフィール

自由放埒軒

Author:自由放埒軒
Festina Lente.
No Pain, No Gain.
Fluctuat nec Mergitur.
R U Still Down Gun 4?
玄妙の言葉求めて櫻花
薄紅匂う道をこそゆけ

最新トラックバック

カテゴリ

Festina Lente.

R U Still Down Gun 4?

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
118位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

樽犬の子守唄

Didie Merah
Blessing of the Light

樽犬が全速力で探します。