FC2ブログ

Entries

スタンドバイミーの男#4 名前のない馬

   驚くべきことに太っちょハンセンは「フェンスの向こう側のアメリカ通り」の歩道をヤマハのタウンメイト90を押して戻ってきた。滝のような汗。泣きっ面。鼻水も垂らしている。顔は真っ赤だ。まるで消防車のホースで水をかけられてアドリア海の自由と放埒の海に真っ逆さまに墜落した直後の紅の豚みたいだった。困憊の太っちょハンセンのことなどおかまいなしにITは言った。「おれの名はインディアン・ビリー。こいつがキャプテ...

スタンドバイミーの男#3 最後のセブンナップ

  ハンセンは本牧のPXの前でみつかった。ハンセンはちょうど映画館から出てきたところだった。ポップコーンおばさん特製の溶かしバターがたっぷりかかったペンティ・サイズのポップコーンを貪り食いながら。ハンセンはかなりの肥満児だった。太っちょハンセン。フトハン。それがイージー・ライダーズにおけるハンセンの正式の呼び名となるのは2時間後だ。「ハンセン! ちょっとこい!」ハンセンはきょとんとした顔でITを見る。当...

スタンドバイミーの男#2 ワイルドで行こう

   イージー・ライダーズ逗子の森戸海岸の海に真っ逆さまに沈んでゆく夕陽に赤く照らされながら、スタンドバイミーの男、ITは「イージー・ライダーズを結成する」と宣言した。その翌日、ITは盗んだ新聞屋のホンダ・スーパーカブ90に乗ってやってきた。中学1年の夏休み初日の朝だ。ITは私の家の玄関前で「ダ~リンダ~リン♪」とホンダ・スーパーカブ90のアクセルを吹かしまくった。けたたましい音だった。世界中のお昼寝中の赤ん...

スタンドバイミーの男#1

  【シンクロニシティ・ストーリーズ#1】スタンドバイミーの男 /シンクロニシティ1丁目1番地1号住人夜の帳がシンクロニシティの街をおおいつくし、「戸締まり、火の用心」を呼びかけるシンクロニシティ消防局の防災放送とともに、どこからともなく『STAND BY ME』が聴こえてくるとある男のことを思いだす。仮にITとしておく。ITは私の古い友人であると同時に、孤独と困難と困憊と裏切りにまみれた勝ち目のない戦いをともに戦った...

Appendix

プロフィール

自由放埒軒

Author:自由放埒軒
Festina Lente.
No Pain, No Gain.
Fluctuat nec Mergitur.
R U Still Down Gun 4?
玄妙の言葉求めて櫻花
薄紅匂う道をこそゆけ

最新トラックバック

カテゴリ

Festina Lente.

R U Still Down Gun 4?

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
832位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
137位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

樽犬の子守唄

Didie Merah
Blessing of the Light

樽犬が全速力で探します。