FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

背中#2 戦いすんで、火がついて。

   心の中はいつだって土砂降りだ。 E-M-M 今しがたガジンが帰還した。14年ぶりに見送るガジンの背中は心なしか疲れてみえた。14年のあいだにガジンが経験したことどもの輪郭がおぼろげにみえ隠れした。とりわけて、白神山中でガジンが経験した「至高体験」とも言いうる二手に別れた雲間に現れた輝ける闇を孕んだ原生林と酷寒のミル・プラトーは、ガジンの思考の枠組みを劇的に変えもしたろう。麓の温泉町の浴室で意識を取りも...

背中#1 後姿のしぐれてゆくか

  もうじき一年が終わる。百代の過客の後姿もしぐれゆく。青二才だった頃のある年の瀬が思い出される。中学二年の秋に母親が死に、一人の生活が始まり、六度目の正月を迎えようとしていた。私は二十歳で、それが人の一生で一番美しい年齢だなどとは誰にも言わせぬ日々を生きていた。貧しかった。いつも腹を空かしていた。そんな私にも容赦なく年の瀬はやってきた。 大晦日の夜。生物学上の父親が訪ねてきた。ジョニ黒をひと瓶ぶ...

Appendix

プロフィール

自由放埒軒

Author:自由放埒軒
Festina Lente.
No Pain, No Gain.
Fluctuat nec Mergitur.
R U Still Down Gun 4?
玄妙の言葉求めて櫻花
薄紅匂う道をこそゆけ

最新トラックバック

カテゴリ

Festina Lente.

R U Still Down Gun 4?

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
798位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
116位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

樽犬の子守唄

Didie Merah
Blessing of the Light

樽犬が全速力で探します。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。