FC2ブログ

Entries

虹のコヨーテ#6 森のひととの契約

   その者は森に降りそそぐ光の束の中心から現れた。森のひとだった。森のひとの額の中心には楢の葉の形をした淡い浅葱色のしるしがある。しるしは不規則に明滅を繰り返している。 森のひとは滑るようにビッグフェイス・ガジンが倒れている場所に向かう。森のひとはビッグフェイス・ガジンの頭の間際に経ち、威厳と慈愛を含んだ眼差しをビッグフェイス・ガジンに注ぐ。そして、ビッグフェイス・ガジンの胸郭あたりに手をかざし...

虹のコヨーテ#5 死ぬ方法と死に場所と至高体験

    ビッグフェイス・ガジンことルイスウェイン・キャットは死の淵で経験した至高体験と酷寒のミル・プラトーからの帰還に至る彼自身の物語を静かに語りはじめた。 深く湿った森をいくつも抜けながら、おれは「死ぬ方法」についてずっと考えつづけた。おれをここまで追いつめた者の貌が浮かんでは消えた。その声もはっきりと聴こえた。背後にはその者の気配がつねにあり、足音はすぐそばにまで迫っていた。「はやくしろ。はや...

虹のコヨーテ#4 ビッグフェイス・ガジンことルイスウェイン・キャット旅の隊列へ

   私はいつも自分のできないことをしている。そうすればいつかできるようになるからだ。 P-D-J-F-d-P-J-N-M-d-l-R-C-i-d-l-S-T-R-y-P ルイスウェイン・キャットことビッグフェイス・ガジンが旅の隊列に加わったのは虹のコヨーテとの旅が始まってから17日目の真昼のことだ。ビッグフェイス・ガジンはトパンガ・ケイヨン・ロード沿いのさびれた食堂で山盛りのシーザーサラダと格闘しているところだった。山盛りのシーザーサラダ...

虹のコヨーテ#3 大地のヘソ

   いい旅を。大地のヘソがいつもあなたがたとともにありますように。 虹のコヨーテとの旅が始まってから2週間が経つが、われわれがいったいどこに向かっているのかは虹のコヨーテ以外にはだれもわからなかった。あるいは、虹のコヨーテにも「旅の目的地」も「旅の意味」もわかっていないのかもしれないとも思えてくる。一度だけ虹のコヨーテにたずねたが言下に拒否された。「おまえはあてのある旅を望んでいるのか? 目的地の...

虹のコヨーテ#2

  耳のうしろに不思議な力を持つ石を挟む男と青空の月と緑色のターコイズ ホピの長老「耳のうしろに不思議な力を持つ石を挟む男」は赤茶けた岩に座ってしきりにいくつも渦巻き模様のある巨大なグリーン・ターコイズをこすりながら言った。「おまえがいったい何者なのか、生まれてから今まで何をしてきたのかに興味はない。興味があるのは、おまえがわたしと”炎の中心”に立って尻込みしない男かどうかだけだ」 私は言葉もなかっ...

虹のコヨーテ#1

  いにしえの昔、ディネの男たちとアステカの民はコヨーテを「歌う犬」と呼び、いたずら好きの神として敬った。彼らはコヨーテが太陽と死と雷とたばこをもたらしたと信じて疑わなかった。 Who is the Coyote? I already answered that question.  I am the Aimless Coyote.  Why am I aimless?  Beats me.  If I had a coherent answer,  I wouldn't be aimless, now would I?  Where?  Somewhere in JAPAN  Coyotes l...

『虹のコヨーテ』のための準備運動#2 千年の記憶と縄文杉の孤独、カリブーの憤怒の血、溶ける魚たちが蝟集する磁場としてのシュルレアリスム、あるいはダダイストの呪詛におののくダリ

  Forest Lights 千年の記憶と縄文杉の孤独 空を見上げ、人生は流れる雲のようなものだとわかったとき、左の前歯がするりと抜けた。そして、森の奥からパット・メセニーの『TRAVELS』が聴こえてきた。背負っていた荷物をすべて放りだし、音のするほうへ、光のただ中へ向かって走った。森の奥、光の中心にそのひとはいた。森のひとだった。森のひとも左の前歯が抜け落ちていた。「やあ。ずっと待っていたよ」と森のひとは薪割り...

『虹のコヨーテ』のための準備運動#1 ディネの男

  ディネの男は「水を汲んでくる」とだけ言い残してトパンガ・ムーンに行ったきり、帰ってこない。もう11年になる。彼の1958年型フォード・エドセルはガレージで埃をかぶったままだ。 バッテリーは溶けて跡形もないし、4本のタイヤはすべて空気が抜けてぺしゃんこなうえに乾いてひび割れ、エンジン・ルームは鼠どもの寝倉に変わり果てている。 11年のあいだ、月の美しい夜は月を見上げ、雨の日は雨粒を数え、風の強い日はディネ...

Appendix

プロフィール

自由放埒軒

Author:自由放埒軒
Festina Lente.
No Pain, No Gain.
Fluctuat nec Mergitur.
R U Still Down Gun 4?
玄妙の言葉求めて櫻花
薄紅匂う道をこそゆけ

最新トラックバック

カテゴリ

Festina Lente.

R U Still Down Gun 4?

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
118位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

樽犬の子守唄

Didie Merah
Blessing of the Light

樽犬が全速力で探します。