FC2ブログ

Entries

星を継ぐ者の系譜/Fantan Mojah『Rasta Got Soul』

    ファンタン・モジャー。このラスタファリアンの声は魂に届く。『Rasta Got Soul』を8時間ぶっつづけで聴いている。何度もラスタファリな涙があふれた。このどうしようもない世界を生きる者は必聴だ。 Rasta Got Soul - Fantan Mojah Warrior music, reggae music  Jamaican choose it European, American, and the Caribbean (Woyo) (Wooo...)  Rasta got soul, reggae music rocking my bone (rocking my bone) my bo...

星を継ぐ者の系譜#4 悠々として急げ

   Festina Lente. 悠々として急げ。 Fluctuat Nec Mergitur. 漂えど沈むな。 賢者は日々死にゆく。宝玉のごとき賢言を残して。なにもかもが今のうちだ。あとの祭りと気づくのは胸の真ん中あたりがかなり痛む。 あなたがなにで生計を立てていようとわたしには興味はない。知りたいのはむしろ、あなたがなにに心を痛めているか、そして、憧れとの出会いを夢見る勇気を持っているかどうかだ。 あなたが何歳であろうとわたしに...

星を継ぐ者の系譜#3 俺たちゃ、ドビ兄弟

   俺たちゃ、ドビ兄弟。一発、LA仕込みの極太ショットガンぶち込んでやろうか? お好みはスカンクかい? それともアカプルコ・ゴールドとシャレこむかい?  1974年以降のドビ兄弟は糞だ。「聴いてらんねえ。聴かねえ。聴くな」の三段活用もいいとこだ。待ち合わせは東横線の菊名駅前喫茶店の『キクナ茶屋』ときたもんだ。ドゥービー天国? 笑わせやがらあ! 草食って糞まみれ地獄へ堕ちやがれ! ドビ兄弟は、『The Doobie Br...

星を継ぐ者の系譜#2 跳ねるロゴスの男

    40年近くを経た今でも不思議でならない。1974年の春、E. クラプトンの『461 Ocean Boulevard』が世に出る3ヶ月前のことだ。4月。高校の入学式の翌日、登校途中の朝、後ろからそれまでに聴いたことのない不思議なリズムの歌が聴こえてきた。しかも、驚くほどの大声で。振り向くとドレッド・ヘアの男がいた。もちろん、当時は「ドレッド・ヘア」という言葉すら知られていない時代だ。いま思えば、歌は『I Shot the Sheriff』...

星を継ぐ者の系譜#1 ボブ・マーリーと嘆きの兄弟たち/跳ぶ男 LOGOS JUMP

ハッパフミフミクサ喰えばマンチーキタコレコークでキメキメ『出ジパング記』と中野サンプラザと解放区、無法地帯。ヤーマン、ラスタマン、ラスタファリアン、ドレッダー、レゲエ野郎ども。イケナイケムリ、スモク、巨大な凡愚。 1979年4月、『出ジパング記』を記す景気づけとバビロン行きのバスに乗るためボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ東京公演の会場である中野サンプラザまで出かけた。東京公演の2年後、ボブ・マーリーは天...

Appendix

プロフィール

自由放埒軒

Author:自由放埒軒
Festina Lente.
No Pain, No Gain.
Fluctuat nec Mergitur.
R U Still Down Gun 4?
玄妙の言葉求めて櫻花
薄紅匂う道をこそゆけ

最新トラックバック

カテゴリ

Festina Lente.

R U Still Down Gun 4?

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
718位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
106位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

樽犬の子守唄

Didie Merah
Blessing of the Light

樽犬が全速力で探します。